タイトル : LoveKami -Trouble Goddess-
ブランド : PULLTOP


シナリオ : ★★☆☆☆ [2/5]
CG   : ★★   [2/3]
音楽   : ★★☆☆☆ [2/5]
お勧め度 : ★★☆☆☆ [2/5]
総合評価 : ★★☆☆☆ [2/5]
(総プレイ時間 : h)

キャラクター・シナリオ
「恋神 ‐ラブカミ‐」のスピンオフ作品「Lovekamiシリーズ」の2作目。
1作目である「LoveKami -Sweet♥Stars-」の数年後を描いた作品ではあるものの、舞台や登場人物に全く関連はなく、完全に独立した話となっている。

物語は主人公が行き倒れていたアラガミのアカネを拾った事を発端として、土地神のイノリなども登場し、最終的には主人公や舞花の住む椿木荘の存続をかけてアカネを更生するという話になっている。

ロープライスという事もあって全体的にかなり短い作品になっており、サクサクとシナリオは進むのだが、一方で3人のヒロインそれぞれのシナリオはしっかりと分けられている為、全体的に描写不足は目立つ。
特に顕著だったのはアカネが更生を目指す過程でアイドルを目指す描写だろう。
その部分に関しては短いシナリオの中でも多少の分量をもって描かれていたのだが、一部√ではそうした設定が途中から捨て置かれてしまっていたり、書かれているにしてもとにかく設定としての流れで描写されている印象が強く、全体的に情熱に欠けており薄っぺらい。このあたり1作目と同様ともいえる。

上記のような事情もあって、親しくなって付き合う、という一連のパターンが各ヒロインで描かれている以外は、内容のあまりないシナリオに仕上がっていた。
ライトに楽しむ人にとってはいい作品…と言いたいのだが、いかんせんキャラクターの書き込み部分も甘く、萌えゲー・キャラゲーとして楽しむことも難しい。
結論として主体性のないシナリオになっており、厳しめの評価になっている。


共通√【 ★★☆☆☆ 】  0.5h
主人公がアカネを拾う冒頭シーンから、更生の為に「アイドル」を目指す様子が描かれている。
物語の序盤という事もあって話の中心にいるのは主にアカネであり、他のイノリや舞花といったヒロインにはあまり触れられていないまま、共通部分が終わってしまう。
ただ、いかんせん短く特にこれといったイベントシーンが描かれているわけではないので、評価こそ難しいものの、可もなく不可もない導入と言い換えることもできる。


20210531014907
椿姫 アカネ√【 ★★☆☆☆ 】  0.5h
主人公の住む椿木荘の屋敷神。
我儘で怒りっぽく、今までは思うがままに過ごしていたが、結果として行き倒れてしまい、そんな所を主人公に拾われ椿木荘に居候する事となった
アカネ自身は電気に干渉する力を持つ屋敷神なのだが、同時にアラガミであるがゆえに力を制御することができず、感情が暴走してしまうと周囲を停電させてしまう。

個別シナリオでは、アカネの「アラガミ」としてのアイデンティティをテーマにした内容になっている。
短くはあるものの唯我独尊のアカネが、主人公の優しさに触れて変化してゆく様子が比較的丁寧に描かれており、そういう意味では共通ルートにはないアカネの魅力があるといえるだろう。
ただ前作の繋がりや共通ルートからの流れで、本格的にアイドルを目指すアカネの様子が描かれる…と思っていただけに、その部分は一切捨て置かれていたのは意外という他ない。


20210531011539
神木 イノリ√【 ★★☆☆☆ 】  0.5h
アラガミであるアカネを更生させるために派遣されたお淑やかな土地神。
少し天然でドジな所もあるが、基本はおっとりと柔和で落ち着いた性格をした大和撫子であり、天候を操る力を持っている。
めったには怒らないのだが、一度怒らせてしまうと性格が豹変し口が悪くなってしまうという一面も。

個別√ではアカネの更生の為に二人が協力する、という形から恋人関係に発展してゆく様子が簡単に描かれており、後半ではイノリの土地神としてのアイデンティティをテーマとした話に。
全体的に予想できる範囲内であったり、描写として薄いものが多いので評価はし辛い。また共通からあったアカネについても特段描写がなく、物語の尺もあってか捨て置かれてしまっていたのは残念な所。


20210531011213
功刀 舞花√【 ★★☆☆☆ 】  0.5h
主人公の幼馴染のイマドキ風ツンデレギャル。
見た目に反して責任感は強く、親から引き継いだ椿木荘も立派に管理人として務めており、他にも料理が得意だったりと家庭的な部分も完璧にこなすことができる。
基本的にはサバサバとしているのだが、椿木荘を大切に想っていることを素直に伝えることができなかったりと、ツンデレの様な一面も。

個別シナリオでは前半部分で、幼馴染としての二人の恋が描かれており、後半ではアカネの更生問題とも絡めつつ、主人公と舞花にとっての椿木荘についてに言及している。
恋愛シーンに関してはかなりオーソドックス、だからこそもう少し舞花の気持ちを彼女視点を用いたりしていれば、評価も変わったかもしれない。
後半で扱われているテーマや導き出された答えにも十二分に光るものがあるのだが、シナリオの短さゆえに全体的に軽くなってしまったのは残念な所。


[主人公]鳴海 将
面倒見が良い青年で、見ず知らずのアカネが行き倒れていた際も迷わず介抱する優しさを持つ。
幼い頃から椿木荘で幼馴染の舞花と共に育っており、そうした想い出があるからこそ、今回の椿木荘の取り壊しに関しても心を砕いている。


【推奨攻略順:アカネ→イノリ→舞花】
特に攻略順に指定はないので、好きなキャラからの攻略で良い。


CG
柔らかな線に濃い塗という大衆的な絵。
シナリオの短さに対して用意されている枚数自体が豊富で、全体的に質感も安定しているのは評価できるところだろう。
また前作から続いて立ち絵にはe-moteが導入されていて、SD絵も6枚存在している。


音楽
BGM10曲、Vo曲1曲(OP)という構成。

前作では原作である「恋神」の楽曲を多く使用していたが、今作では完全に一新されている。
BGMは数が少なくあるが、全体的に落ち着いた曲の物が多い。
Vo曲は東雲りあさんの歌うOP「虹色のものがたり」のみとなっていて、曲調も完全な電波曲なので好き嫌いは出るだろう。


お勧め度
「Lovekamiシリーズ」の2作目であり、1作目はもちろん原作とも世界観を同じにしているものの、作中に登場することなどはなく、作品として完全に独立している為、今作からのプレイでも問題はない。
設定以外は全体的に特徴に欠けるロープラゲーなので押すべきところは迷いどころなのだが、1作目を気に入った人に関してはそのままプレイしても気分を害さずプレイできるだろう。
逆に1作目にマイナスの感情を抱いた方に関してはプレイをお勧めしにくいのが現状。


総合評価
全体的には良く纏まった作品なのだが、設定を引き継いだこと以外でこれといった特徴がなく、シリーズの続き物という事も加味して、平均以下のこの評価となっている。


【ぶっちゃけコーナー】
まぁ1作目同様に微妙という他ない。

厳しいようだけど、どのシナリオもプレイしてワクワクすることもなければ、心動かされることもなく、短いから気が付いたら話が終わってしまっている。
1作目を引きずっているのか、意識しているのか、曖昧に引きずったアイドル要素は加点要素からも程遠いんだよな…まぁそれはともかくとして。
「恋神」の設定を使うという点に関しては1作目よりも上手くできていた気がする。
ただ、それも比較的というくらいで、やっぱり内容としての薄さはある。

こうなるとキャラクターの魅力で勝負しておきたいところなのだが、これまた空振りというか、キャラクター自体は勿論悪くないのだけれど、作りこみがあまり感じられない。
二面性があるイノリのブチギレシーンもインパクトが薄いんだよなぁ…なんでかはわからないけれど。
神様って清濁二つの要素があったりするから表現としては面白いな、とおもうのだけれどそうした部分に触れることなく「ただこう言うキャラなので」みたいな感じで描かれてるのがなぁ…。
完全な大和撫子キャラが口調きつくなるってのはインパクトあるとは思うけれど。。。
アカネのアラガミとしての部分も、1度「恋神」のスセリを見ていると、なんだか中途半端だし、そもそもあのあたりと整合性も取れていない気がする。

色々と厳しい作品だったな、と久しぶりに厳しめの評価。