タイトル : 一途な(処女→)彼女と恋したい
ブランド : ういんどみるCOSMOS


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]
(総プレイ時間 : 2h強)

シナリオ
未経験の美少女との恋愛を描くことをコンセプトとしたういんどみる系列の新ブランド「ういんどみるCOSMOS」の処女作である今作。

物語はある日、偶然に告白を聞かれててしまう事から始まる二人の関係を綴った恋愛学園物となっている。

手に取りやすいロープライス帯で提供された今作、ヒロインは純粋一途な女の子「渡部 響花」。
当番でもないのにクラスの雑用を手伝ったりと真面目で、今どき珍しいほどに初心で恥ずかしがり屋な彼女が主人公と付き合う事で、段々と変化してゆく様子が今作の最大のポイントともいえるだろう。

シナリオの内容を一言で纏めると王道の恋愛物で、中でも特筆しておきたいのはじっくりと描かれた恋愛描写。
突然の告白から始まる物語ではあるが、お互いを知り合う過程もしっかりと描かれており、一緒に帰ったり、手をつないだりを繰り返し、初めての経験がやがて当たり前に変化していく様な細やかな描写が持ち味となっている。
徐々にステップアップしながら加速していく二人の関係の中で、相手の気持ちが分からなくて悶々として一喜一憂する、そうしてヒロインの響花と徐々に距離が近づいていく初々しい描写にも溢れていた。
また作中にはお互いの視点からの描写もふんだんに含まれており、こうした部分が心理描写の助けとなると同時にお互いを想い合っている事が強く伝わり、恋愛物としての描写を底上げしていた。

今作において特徴として挙げられるのが「ETS(エクスタシータッチシステム)」だろう。
二人の関係が深まってゆく中で、Hシーンの前に用意されているのがこのミニゲームの「ETS」である、表示されたヒロインの体をタッチすることで得点を獲得してゆくものとなっている。しかしながらこの結果はシナリオに影響がなく、システムの存在意義を問われると返答に困る仕様にもなっている。

また追記として、物語には響花の親友という事で、二人の親友が登場しており、息詰まる二人にアドバイスをしたりと、ふたりだけの世界にならない様にサポートしてくれている。
二人とも魅力的な登場キャラクターでもあるため、今後の展開次第では同シリーズのヒロインとして登場する可能性もあるだろう。


[主人公]時森 春生
困っている人がいるとほっとけず、何事にも真剣に向き合おうとする誠実さを持ち合わせている男の子。
恋愛には積極的で、折角できた彼女である響花に対して、彼女のペースに合わせながらも距離を詰めようとしている。


【推奨攻略順:- 】
作中に選択肢はなく、ミニゲームに関しても得点やスキップをしてもシナリオに影響はない(はず)。


CG
しっかりとした線に特色ある塗の絵。
どことなくクセを感じる絵ではあるものの、総じての質は決して低くなく、枚数に関してもイベントCGとHCG(Hシーンは8シーン分)で十二分に存在している。
加えてSD絵も数枚存在。


音楽
BGM10曲、Vo曲1曲という構成。
全体的に落ち着いた曲が多い中、「繋ぐ手に伝わるどきどき」はそうした楽曲の一つではあるものの、音楽の中に弾む心音のようなリズムがあったりと、じっくり聞くと面白いものであった。
Vo曲は新海雅代さんの歌う「もっともっともっと一途に!」という、いわゆる電波曲に分類されるものとなっており、好き嫌いはありそうだが明るくテンポの良い楽曲となっている。


お勧め度
値段帯や作品コンセプト等を鑑みるとかなり初心者向けの内容となっている。
逆に類似作品をプレイし慣れている人にとっては、差別化できる要素が少なく、ヒロインに特別な思い入れが無い限りお勧めはし辛い作品といえるだろう。


総合評価
短い作品ではあるものの、要所を抑えた恋愛描写は光っており、システム面も充実している。ロープライスとしては十分な出来という事でこの評価。


【ぶっちゃけコーナー】
公式にあるコンセプトとして、処女がエッチになっていく様子を描くブランドということだが、今作でそれが表現できていたかというと微妙な所(ETSという謎のコンテンツがそれにあたるのかもしれないが)
むしろ今作で見所だったのは王道ともいえる恋愛描写であり、古き良きシーンの数々がこの作品には詰まっていた。
しかしながら王道ということもあって、こうした部分は他の作品にも多く存在しており、そうした意味ではロープライスとして差別化する要素に乏しく、全体的な質は悪くないものの突出して良い作品とも言えなくなってしまっている。

全体的に押しどころが少ない作品ではあるが、システム面に関しては「シナリオ鑑賞」等で好きな部分を見返すことができたり、ミニゲームを好きに遊びなおすことができたりと、意外に充実しており、新ブランドといえど系列出身の良さが出ているといえるだろう。