タイトル : 純情化憐フリークス!
ブランド : Wonder Fool


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]
(総プレイ時間 : 5h)

キャラクター・シナリオ
フリークスと呼ばれる超常的な存在―付喪神や妖怪―が存在する世界を舞台に、『化け物だって愛してる』をテーマとして描かれたラブコメ作品。

幽霊になって表れた幼馴染や、人間だと思っていた従姉がフリークスであったことが発覚するなど、共通ルートでは正にドタバタラブコメ展開が詰まっており、各ヒロイン達とのエピソードなど、それぞれの魅力を活かした内容となっている。

一転して各個別シナリオ部分におけるHシーンは半分以上を占めており、Hシーンの合間に日常シーンが入っているような印象を受ける作りとなっている。
そのため各ヒロイン達との恋愛描写や恋人同士だからこその親密な関係を描いたシーンが乏しく、その展開の仕方も含めて世界観を活かしきれてない印象も強かった。
ただそれぞれに独自性があり、短いなりに起伏のあるシナリオではあり、読んでいてつまらないわけではない。

テキスト自体がすっきりしている事もあり、展開もサクサクしていくので、プレイし始めるとどんどんと進めてしまうだろう。
ただ各個別√の中身が薄いので、どうしても終盤の展開では感情移入しきれない事も多く、結果として印象の薄い話が多くなってしまっている印象が強い。

世界観や雰囲気、各キャラクターの設定等々、伸ばせそうな部分はいくらでもあるのでそのあたりを惜しく思う一方で、手軽くエロシーンまでを体験したい人にとってはライトに楽しめる作品に仕上がっているともいえる。


共通√【 ★★★☆☆ 】  1.5h
物語の始まりという事で、各ヒロイン達の出会いや個別のショートエピソードが綴られている他、『フリークス』という存在についてなど、この作品の世界観の根底となる部分の説明をしながら、とある”謎”を解決するためにヒロイン達と協力して過ごす日々を描く。
基本的にはラブコメの学園物ではあるものの、締めるべきところではしっかりと締めており、緩急のあるシナリオにはなっている。


20210221022007
庚 静海√【 ★★☆☆☆ 】  1h弱
主人公と一緒に暮らしている従姉で自称お姉ちゃん。
主人公とは同い年ではあるものの、先に生まれている為に頑なに姉であることを主張しており、弟の為にならと、数々の不可能を可能にする不思議なパワーの持ち主。
多少粗暴な言動ではあるものの、オシャレにも興味があったりと普通の女の子っぽい所もある。

前半は幽香との関係を絡めた恋愛描写がメインとなっており、短いものの姉として立ち回っていた静海の秘めていた想いなどが綴られている。
後半は、共通ルートにて発覚した静海の”とある事実”についてが絡められており、こちらも短くはあるものの妥当な展開となっている。
全体的に簡素なシナリオではあるものの、姉として行動することが目立つ共通ルートに比べ、恋人として行動することが多い個別√では静海に対して抱く印象も少し変わるかもしれない。


20210221021919
柳川 幽香√【 ★★★☆☆ 】  1h弱
主人公や静海の幼馴染で幼い頃に引っ越してしまってからは連絡が取れなかったが、ある日幽霊になって戻ってきた。
幼い頃に主人公に初恋をし現在も想い続けている。
引っ込み思案ではあるものの、気を許した相手にはよく喋り、特に主人公に対しては積極的にアピールをしている。

個別シナリオでは、共通ルートから少しだけ仄めかされていた幽香のとある”秘密”がシナリオの中核に。
設定だけならメインヒロイン級なのだが如何せん付き合うまでの恋愛描写などが少なく、その他のシナリオも短い。
重要な部分が後半にギュッと詰められており、そういう意味では集中して読め、また読後感自体も悪くはない内容となっているものの、全体的にもうひと押しの足りない内容となっていた。


20210221021950
沼楽坂 理央√【 ★★☆☆☆ 】  1h弱
近所に引っ越してきたぬらりひょんの一族の末裔。
見習いとしてではあるものの、フリークスと人間との調停役として仕事をこなしている。
子供っぽい所も多いが頑張り屋で、仕事に対しても一生懸命に取り組んでいる。しかしドジな所も多いためか自分に自信がない。

個別√では主人公が理央の仕事を手伝い始めたことにより、お互いの距離が近づいてゆく。
内容としては、見習いの彼女が認められるまでの過程を描いたものなのだが、付き合うまでもかなり順調であり、その後の日々もHシーンが中心となっているためシナリオの中身が無いに等しい。
ドジながらも懸命に頑張る、という理央の良さも共通ルート部分までが最もよく表れていたので残念な所。


20210221021954
九十九√【 ★★★☆☆ 】  1h弱
理央の付き人で、キツネのお面の付喪神。
人の姿をもって顕現したのは数年前だが、それ以前の経験もしっかりとあり、その経験を活かして、徳を積む目的で理央の仕事を手伝っている。
冷静な性格であることも手伝って、皆のお姉さん役として立ち回る事が多い。

付喪神として徳を積むために、島や学園の相談役として頑張っている九十九。そんな彼女の疲れた姿を見た主人公が手伝いを申し出るところから、関係が深くなってゆく。
付喪神―フリークスと人との違いという今作の設定を活かしたものをテーマにした内容となっており、個別√ではお姉さんっぽい九十九はもちろんなのだが、共通ルートでは見られなかった恋人に対して甘える九十九などの表情が見られ、恋愛は短さはあるもののシンプルに纏められており、サクサクと読める内容となっていた。


[主人公] 庚 幹貴
本作の主人公で、大きな胸が大好きな以外は普通の人間。
今は仕事で忙しい両親たちに代わり、従姉の静海と一つ屋根の下で暮らしている。
オープンエロな主人公だが、それは静海に対して日々そうした態度をとっており、静海もそれを許しているのが原因。
両親がフリークス関係の仕事をしているためか、幼い頃からフリークスとは慣れ親しんでおり、偏見を持たずに接することができる。


【推奨攻略順:理央→九十九→幽香→静海】
特にロック等もないため好きな攻略順で良いだろう。上記は私の攻略順で、幽香に関しては最後に回しても良いかもしれない。


CG
しっかりとした線に濃い塗の絵。
質としては非常に良く1枚1枚が良く作られている印象を受ける。ただHシーンの割合が多く感じる部分もあり、個人的にはそこが惜しい所。
立ち絵には目パチもあり、SD絵も数枚存在している。


音楽
BGM19曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
全体的に和を感じるものの多いBGM、OPのアレンジなども好きなのだが、個人的には「恋模様」がストレートに雰囲気を一変させる力を感じることができ、好み。
Vo曲はしっとりとしたEDも良いのだが、なんと言ってもOPの「フリークス・ロマンチシズム」が和ロックといったテイストになっていて、リズムもカッコよく好み。


お勧め度
フリークスという名前の付喪神や妖怪が登場する世界観を舞台としたラブコメ物。
共通ルートまではとてもテンポよく話が展開しているが、個別√からは予想以上にエロには力を入れており、シナリオの約半分がそういったシーンになってしまっている。
そうしたことを喜べる人がいる一方で、シナリオを期待した人にとっては多少肩透かしを食らった形となっている。
その点を留意したうえでならお勧めしやすい作品ではあるためこの評価。


総合評価
シナリオ部分の薄さが気になる一方で、システム回りを含め作中全体の雰囲気の良さ等、良く感じられるところもあり、それら鑑みてこの評価とした。


【ぶっちゃけコーナー】
シナリオがかなり薄いのには驚いた。
共通ルートの流れを考えると、もう少しあるのかなぁ…と勝手に思っていたけど、まぁOPとか見るとエロシーン重要視した作品なのかもと思い直した。
この辺りは誤解してなければってところでもあるので、特に評価を下げてはいない。
ただ、設定とかを考えるともっと話を膨らませられたんじゃないかな、と思う所も多くて、総じて物足りないシーンとかは結構多かったけれどね。

シナリオが振るわない一方で、全体的に和で纏めたシステム回りなんかが素晴らしい。
プレイしていてストレスが無い事はもちろんだが、公式HPを含め細かい所に気を使って作られているのが分かるので、そのあたりは見ているだけでも賑やかで楽しい。
あんまり表立って評価されにくい部分ではあるのだけれど、こうしたところも作品を作り上げるという意味では重要な要素の一つであって、純粋に評価してもいい部分じゃないのかなと思う。