タイトル : となりに彼女のいる幸せコンプリート
ブランド : プレカノ


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]
(総プレイ時間 : 6h)

プレカノのから発売された「となりに彼女のいる幸せ」通称「となかい」シリーズのまとめ版として下記が含まれた作品となっている。
  1. となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~(+セカンドサマー)
  2. となりに彼女のいる幸せ ~Winter Guest~
  3. となりに彼女のいる幸せ ~Summer Surprise~
  4. となりに彼女のいる幸せ ~Curious Queen~
シナリオ
4作品の感想については下記で述べているため、シナリオの総括について語る。

このシリーズは基本的にヒロインとの日常シーンをメインとしたイチャラブ系のADVであり、それぞれの作品で一対の主人公とヒロインが存在している。
舞台こそ(明言されていないものの背景や制服が同一であることから)同一と考えてよいだろうが、それぞれに季節が違い、メインとなる舞台も要素として学園部分の薄い作品もあったりと異なっていた。
そのため、シリーズではあるものの短めの作品が4つ集まった作品と考えるのが妥当だろう。
そのなかで全体に共通する特徴的な部分として、最初に主人公とヒロイン以外の登場しない、いわゆる閉じた世界系で描かれた作品であることが挙げられる。
加えて各シーンが短く纏まっており、日付も飛ばし飛ばしになっているので、上記の点と合わせて短いシナリオの中でも、ヒロインの魅力を最大限に描き切る、という構造となっている。

もう共通して言える特徴的な事として、ほぼ全てのシーンにおいてヒロインの心理描写が無い事も挙げられるだろう。
夫々に差はあるものの、最初から好感度の高いヒロインは少なく、だからこそ一つ一つの行動から、彼女たちがどう思っているのかを類推していくしかない。
こうした点が、それぞれの主人公を良い感じに振り回しており、ストーリーのテンポ自体も良くなっていたように思う。

一方で基本にあるのはロープラであり、シナリオ自体には起伏が余りなく、ただひたすらに女の子と親密になりイチャラブする内容の作品となっている。



となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~【 ★★★☆☆ 】  1h強
部員数が減少の一途をたどる文芸部、その部長を務める主人公の「樽門 一平」とそこへ入部してきた期待の新人「芹沢 知彩」。
自他ともに認める変人で変態の主人公とクールな文学少女のように見えてドジな所もある知彩が二人きりの部室で過ごす様子を描いた作品。

ブランド・プレカノの処女作である今作、単独ヒロイン物として描いた放課後の二人きりの部室を舞台としたイチャラブ学園物。
悪戯好きなノリの良い後輩と戯れる様子をメインに描いた萌えゲーであり、日常シーンの軽快なギャグシーンはテンポも良い。特に主人公はストレートにセクハラをするものの、それをいやらしさのないギャグに昇華しており、見ていて不快感が無いのがとてもよかった。
お互いがお互いを良い感じに振り回し、そして振り回されている。お互いがお互いのスキンシップを楽しんでいる様で、その距離感を文章に落とし込んでいるのは見事という他ない。

また今作の季節は梅雨頃から秋にかけてなのだが、日常シーンを飛ばし重要なシーンをピックアップしてゆくことで、シナリオのテンポをよくしている。
そうすることで十分な文章量で、それぞれのシーンにおける細かい仕草などを描写する等、こだわりが感じられるところも多い。一方、地の文における描写が不得手なのか、情景がすぐに頭に浮かばずに何度か読みなおす必要なシーンもあり、そうしたところには読みにくさもあった。

恋愛描写に関しては、思いのほかストレートに関係を進めてゆき、付き合ってからの後半において合計6シーンとHシーンもふんだんに取り入れられている。
しかしながら、付き合った後も二人の絶妙な距離感は崩さずにいた事は評価したい。



となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~ セカンドサマー【 ★★★☆☆ 】  0.25h
タイトル通り1作目「となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~」の続編であり、その1年後の夏を描く。
攻略時間からもわかる通り、シナリオ自体はあまりないものの、息の合った面白い掛け合いなどもそのままに、さらにイチャラブ成分も増量して作られており、付属の続編としては十分な出来といえるだろう。



となりに彼女のいる幸せ ~Winter Guest~【 ★★★☆☆ 】  1.5h
「Two Farce」に続くシリーズの2作目ではあるものの、作品自体の繋がりの無い新しい作品として描かれており、恋人欲しさに暴走をし過ぎた主人公「麻生敬治」とヒロインである学園唯一の生徒会長「幸村志穂」の物語となっている。

告白しまくって罰を受けて生徒会へ奉仕活動に行くことになった主人公と、その面倒を見ることになったたった一人の生徒会長、という設定の下、秋ごろから冬あたりまでを描いた今作。

前作同様にシーンを大きく飛ばし話のテンポをよくすることで、短い物語の中でも日常シーンをメイン二人だけを濃密に描いており、二人きりの時間が増えて、お互いに惹かれてゆく様子が丁寧に描かれていた。
特に普段は真面目な生徒会長である志穂が見せる姿が変わってゆく描写が良く、二人きりの生徒会室でだけ見せるイタズラっ子で天然っぽい所のある少し奔放な姿や、先輩らしく包容力ある姿、恋人同士になってからみせてくれる主人公を大好きな姿、それぞれがの距離感だからこそみせてくれる姿は、タイトルにもある彼女がいる幸せを深々と伝えてくれている。



となりに彼女のいる幸せ ~Summer Surprise~【 ★★★☆☆ 】  2h弱
シリーズ3作品目は、野菜好きでおっぱい星人の主人公「外山五郎」とちょっと辛口な内弁慶の年下幼馴染のヒロイン「瓜生小梅」の夏休みを描いた物語となっている。

序盤、今までのシリーズ作品とは違い、すでに知り合っている仲だからこそのツーカーなやり取りは軽快で、普段は無口で不愛想な小梅が、幼馴染である主人公には積極的にダル絡みしてくるそんな小梅に対して結局は甘やかしてしまうという、疑似的な兄弟の関係がしっかりと描かれている。
とくに小梅のゆったりとした喋り方は独特で、それ自体が作品のテンポにも影響していたように思う。
そんな風に日々を過ごす二人の様子はおおよそ恋愛には結びつかないのだが、だからこそ恋愛描写に入ってからの小梅の様子は激変する。
主人公への好意を表現する方法はいくつもの作品で生み出されているが、こと小梅の反応はトレートに気持ちが伝わる物となっており、こちらまでカップルの成立に幸せを感じられるものよなっている。
兄妹の様な幼馴染からカップルへの変化、普段はクールで何を考えているかもわかりにくい小梅がどう変わってゆくのかを、とことん楽しめる内容となっていた。



となりに彼女のいる幸せ ~Curious Queen~【 ★★☆☆☆ 】  1.25h
「ヒットマンと二人きりイチャイチャADV」と銘打たれたシリーズの4作目は、主人公「三重野 春夜」と主人公の頭を(触りたくて)狙い続ける幼馴染でヒロインの「杏野 華」、そんな二人の春から初秋にかけての物語となっている。

ファミレス経営者の一人娘で箱入りお嬢様の華であるが、そんな設定はお構いなしに、主人公をあの手この手で困らせてくる、というのがこの作品の本筋である。
突然一つ屋根の下で暮らすようになったりと、序盤は押しかけ系のように感じるヒロインであったのだが、予想以上にこちらを翻弄する行動が多く、序盤から中盤にかけては主人公共々彼女の感情が読めなくて困惑するシーンも多い。
短いシナリオのなかで独特の雰囲気や行動理念を持つ華をよく描いていたとは思うし、加えて不可解な行動自体が華の愛情表現と捉えることもできるのだが、それでもその中で恋に落ちて、という描写も少し曖昧なまま関係を進めていく事になるので、どことなくすっきりしない気持ちを抱えて進むことになる。
キャラの魅力やあまり起伏のないストーリー自体の完成度等を考えて少し抑え目のこの評価になってしまっている。


【推奨攻略順:-】
各作品に選択肢がある物もあるが、シナリオ分岐には影響しない。


CG
細い線にしっかりとした塗りの絵。
原画担当はねこにゃんさんという事もあって完成度は言わずもがな高く、一般イベントCGの枚数についてもしっかり用意されており、Hシーンも一作品に3-4シーンと値段帯を考えると、これも十分量だろう。
背景などは舞台が同じであったためか使いまわしの物が多い。


音楽
BGM24曲、Vo曲4曲(主題歌)
各作品に5-7曲のBGMと主題歌1曲という構成は一緒で、シリーズを通してBGMの使いまわしが無かったのは十分評価するべき点だろう。
Vo曲もそれぞれに素晴らしいのだが、特に1作目「となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~」の主題歌である「君と私のセンテンス」はサビからの盛り上がりが好きで個人的に気に入っている。


お勧め度
プレカノから発売されたとなかいシリーズの4作品+αが収録された作品で、それぞれのヒロインが違った持ち味の魅力を持っているため、続けてプレイしても飽きることが無く、またゲームの内容自体もかなり平均的なロープラ作品となっているので、どれか1作に興味があったのならお勧めはしやすいだろう。
一方で誰かに強くお勧めしたい要素がある訳ではないので、そういった意味での押しの弱さがあり、評価としては平均程度となっている。


総合評価
全体的に安定した作品であり、そうした作品をまとめるとこんな作品になるのだろうな、という見本のような作品で、値段的お得感がある部分等を鑑みてこの評価となっている。


【ぶっちゃけコーナー】
短いシナリオのなかでヒロインの良さと言うのは良く描けていたなー、というのが素直な感想。
特に日常シーンの面白い作品が多く、作品自体が短いのもあるけれど、頭を空っぽにしつつ時間を忘れてプレイできるというのは作品として良い部分として挙げられるのではないだろうか。
ただシリーズ全体のコンセプトという意味では、通してプレイしてみてもイマイチ感じ取りにくい部分があったかな。
というより、それを満たさない萌えゲー作品があるのかと問われると、その他多くの作品もこの作品のコンセプトに合致してしまうような気がする。
まぁそもそもが、ふわふわとしたものなのでそのあたりは仕方がないかもしれない。

お勧め部分にはああ書いたものの、結構シナリオが独立しているので、特定のこのヒロインだけプレイしたいって人はその作品だけ買った方が結果的にお得なのかもしれないな。