タイトル : うちの主は妖怪の常識を知らない
ブランド : あざらしそふと+1


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]
(総プレイ時間 : 3h強)

キャラクター・シナリオ

天邪鬼なお嬢様と小悪魔な先輩メイド
あなたが恋に落ちるのはどっち?


妖怪が一般に認知されている世界を舞台に、水無月家に仕える青年執事―近衛 頼斗を主人公として描かれた作品で、主人公が使える屋敷の一人娘である天邪鬼なお嬢様『水無月 あいる』と小悪魔な所がある先輩メイド『丹羽 風薫』のダブルヒロイン物となっている。
それぞれのヒロインシナリオが1時間ほど存在しており、共通と含めると3時間ほどの物語という事で、ミドルプライス作品としての分量は一般程度といえるだろう。

シナリオ自体には妖怪と人間の共存を目指して作られた『妖怪六法』など、独自の設定もあるものの、舞台設定の一つとして生かされている他に強く影響を感じるシーンは少ない。
テキストもすっきりとしており、サクサクと進められるので、そうした意味でのストレスが無い一方でシナリオとしてはどうしても薄く感じることも多く、基本的には萌えゲーを主体として作られたミドルプライス作品という印象が強い。

ヒロインとのシーンについては下記で詳しく語るが、このふたりのシナリオについて言及すべきは後半の展開だろう。
とある設定のせいで同じ展開になってしまう事自体はやむを得ないとしても、このシリアス展開自体がどうしても前半の流れから大きく外れてしまっている。
こうした要素が物語を深めるために必要なのは確かなのだが、はたして今作の趣旨として必要だったのか、甚だ疑問ではある。
また展開の描写自体も矛盾できる点、甘い点が多く、そうしたことを得意とした人間が描いたシーンのようには思えず、全体的にちぐはぐで強引な流れであったような印象が残った。
もちろんこうした描写が好き好きである事は言うまでもないが、個人的には今作の評価を下げた原因の一端を担っているとおもっている。


共通√【 ★★☆☆☆ 】  1h
数日の日常を送る中で、作中に登場する各キャラの紹介シーンや舞台設定についてが短く描かれている。
特にヒロインとのイベントがあるわけではなく、今作において登場する『妖怪』について説明されている他は特筆すべき点もない。


20210206192631
水無月 あいる√【 ★★★☆☆ 】  1h
水無月家当主の一人娘で天邪鬼なお嬢様。
人前では凛としたお嬢様なのだが、時折毒舌が出たりすることや、種族の天邪鬼である事が災いしてか、素直に感情を示すことが苦手で、後々自分の言動を後悔することも。
幼い頃から仕えてくれている風薫や主人公の事を特に気に入っている。

個別シナリオでは主人公があいるの護衛を続ける選択をとり、二人で過ごす時間が増えてゆく事となる。共通ルートからもそうであったが、個別√ではより一層にあいるのコロコロと変わる感情がとても分かりやすく表現されており、それがコミカルでいて初々しい彼女の可愛い魅力となっている。
背伸びをしたい年頃であるあいるが素直になれない自分と戦いながらも主人公と距離を近づけてゆく様子が最大の見どころといえ、特に種族としての本質に振り回されていた以前から、素直に気持ちを伝えるという、愛情表現とあいる自身の成長を巧く兼ね合わせていた。


20210202191918
丹羽 風薫√【 ★★☆☆☆ 】  1h
スタイル抜群の頼れるお姉さん的存在。
あいるの生まれる前から屋敷に仕えており、主人公にとっても先輩のメイドである。
種族は西洋妖怪であるサキュバスであり、時折主人公やあいるをからかってしまう事も多い。

個別√では、とあるきっかけによって主人公を意識し始めた風薫が主人公に猛列にアタックする様子がメインで描かれている。
しかしながら、サキュバスという部分から性を前面に出す方向ではなく、あくまでプラトニックに関係を近づけていたのは印象的で、その代わりにエロシーンに関しては後半にギュッと詰め込まれていた。


[主人公] 近衛 頼斗
水無月家の執事をしている青年。
あいるが生まれた頃から屋敷に仕えており、自身を拾ってくれた主に対しての忠誠心も大きい。
日々世話をしているあいるに対しては親のように、昔の自分に仕事を教えてくれた風薫に対しては姉のように慕っている。


【推奨攻略順:風薫→あいる】
攻略順にロックなどはないため好きな順番で攻略するとよいだろう。


CG
細目の戦に光沢のある塗の絵。
全体的に丁寧であり完成度としては十分だろう、枚数もダブルヒロインということもあって、あいると風薫のCGやシーン数はほぼ同等で十分といえるだろう。
SD絵も少ないが存在している。


音楽
BGM13曲、Vo曲0曲という構成。
BGMに関しては無難なものが集められているというイメージではあるものの、ピアノ曲をメインとしており、時折ヴァイオリンを使用して高貴な貴族を演出したりと、その場に合わせたものが作られている印象はある。
Vo曲が存在せず、そこは少しさびしい所。


お勧め度
妖怪が出てきたりと独自性のある設定ではあるもののシナリオとして特筆すべき点はあまりない。
逆に障害となる部分も少ないので、あざらしそふとの熱狂的なファンの他、登場ヒロインに一目ぼれした愛でたい方、シチュエーションが気に入った方にプレイをお勧めしておきたい。


総合評価
シナリオ部分の減点を除けば全体的には可もなく不可もないミドルプライスという印象の作品であり、その中で平均としてこの評価にしている。


【ぶっちゃけコーナー】
シナリオ部分の減点が多めに書かれているものの、主題をシナリオに置いていないので、そのあたりの指摘は微妙な所かなぁ…。
ただ、純粋に萌えゲーとして楽しんでいた人間ならばやはり最後の部分はいらないだろうし、逆にシナリオ部分の厚さを求めて最後の展開に期待した人間にとっては肩透かしで、誰にもいい事が無かった気がするんだよなぁ…。

それはさておき、キャラクターについて。
個人的には風薫よりもあいるの方が好きだったかなぁ…というか、今作は彼女のために作られている印象も強いし。
個別√部分にも書いたのだけれど、天邪鬼って部分がしっかりとツンデレとして描かれていて、そのあたりがかなり安定感ある描き方だったのと、その中でどんどん距離を近づけたい心と、素直になれない心の動きがとてもよく描かれていて、そういう部分が初々しかった。
設定こそ特殊であるものの、ツンデレとしてみると原始的で王道的。
だからこそ多くの人にも刺さる内容になっているんじゃないかな、と個人的には思うし、ツンデレ好きな人にはプレイしてみてほしいかもしれない。
ただ、各所のアピールポイントが少し弱いので、ミドルプライスとして大目に見てくれるのかそのあたりが悩みどころ。