タイトル : アイベヤ2
ブランド : あざらしそふと


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]
(総プレイ時間 : 2h弱)

シナリオ

部屋が繋がったら、何かが変わるかな…?


両親の転勤を期に一緒に住むことになった幼馴染の『御空 朔』。
そんな彼女と一つの部屋の中、手作りのドアで仕切っただけの所で生活する、文字通り”アイベヤ”状態から始まるラブストーリー。

あざらしそふとのロープライス作品で「アイベヤ」シリーズの2作目となる今作。
上記の通りシリーズの2作目ではあるもののシナリオとしての繋がりは特になく、主人公の『鴇崎 洋一』とその幼馴染である『御空 朔』のラブストーリーが描かれている。

初夏から文化祭開催の秋口までを描く今作、設定としては前作同様に幼馴染物ではあるが、勢いで交際することになる前作とは違い、今作ではしっかりと恋人になるまでの過程が描かれている。
学園物の定番といえるテスト勉強を切っ掛けとしてお互いを意識し合ったり、はたまた海に遊びに行ったりと、そこに描かれているのは等身大の恋愛。
特に朔視点の描写なども多用されており、恋する少女の心模様なども良く描写されていたように思え、初々しく酸っぱい恋愛を楽しむことができる。

徹頭徹尾で描かれていたのはストレートな学園物で、登場人物が絞られているからこそ朔の良さをしっかりと味わえるような作りとなっていた。
その二人が少しずつ近づくように、お互いの部屋の状況―アイベヤ状態―も変化してゆく、そうしたリンクも面白さの一つとして挙げられるだろう。

付き合った後の後半において焦点が当てられたのが朔の成長。
あれほど引っ込み思案だった彼女が主人公の隣に立てるようにと成長する姿は描写が少し足りないものの、感じ入る物もあり良かった所だろう。
また、ここにきて豊富となるHシーンも作品の魅力としては欠かせず、普段の態度からは信じられない朔の姿などはギャップもあって魅力的だった。

こうした中で、一方で少し残念なのが一部で誤字が目立っていた事と、テキストと絵の整合性が取れていない部分があった事だろう。
このあたりは連携が取れていないせいなのか、それとも予算のせいなのかは不明だが、なんにせよ明確に修正できる部分であり、なおかつ感情移入を阻害するという意味では見逃せない部分であった。

褒めるところは多いものの、シナリオとしては癒しや可愛さ重視で薄く、ロープラ作品らしいともいえる。

【推奨攻略順:選択肢無】
作中に選択肢は存在するものの、基本的には1本道の物語。


CG
細い線に濃い塗の絵。
前作同様「おりょう」氏の瑞々しさのある質感の良い絵は全体的に質も安定している。
ボリュームもほぼ変わらず、イベントCGの枚数は17枚+差分で、そのうち10枚がHCGとなっている(Hシーンだけ少なくなり5シーン)。
他にもSD絵が三枚ほど存在している。


音楽
BGM14曲、Vo曲1曲(主題歌)
ヒロインである朔の気持ちに寄り添ったようなBGMが多く、時折面白くはあるものの全体としては柔らかな雰囲気が漂うものとなっている。。
Vo曲は主題歌としてRin'caさんの歌う「fringe」が使用されており、BGMと同様に優しく包み込んでくれるようなメロディも素敵なのだが、一番良かったのは歌詞。
朔の想いを綴った甘く切ない歌詞を、クリア後にぜひもう一度しっかりと聞いてほしい。


お勧め度
あざらしそふとのロープラ作品であり「アイベヤ」シリーズの2作目。
アイベヤシリーズが好きな人にとっては、変わらぬ魅力ある作品なのでお勧めしやすい。
シナリオ自体も独立しているため、今作に興味がわいた人もこの作品からのプレイで問題ないという点においては、間口の広い作品といえるだろう。
シナリオの薄さはあるものの、シチュエーションの強さ、絵の綺麗さ、エロシーンの良さ等々は変わらずあるので、そうした部分に興味を示した人にはお勧めしておきたい。


総合評価
ロープラとしては全体的に安定した作品ではあるものの、前作と同様にシナリオとしての薄さなどの問題はあり、どうしてもこの評価になってしまう。


【ぶっちゃけコーナー】
「アイベヤ」シリーズとして設定だけではなく前作の良さも踏襲しつつ、それでもロープラらしい萌えゲー・エロゲーという枠からは抜け出てはいない。
ストーリーとしてはかなりストレート勝負に来ていて、その部分はすごく良かった。
特に学園恋愛ものをストレートに各作品は昨今少なくなったように思っているので、逆に新鮮だったくらい、やっぱり王道的な良さを感じる。
あとは個人的にだけれどメカクレ少女な朔がすごく好きだったし、プレイした後はもっと魅力を感じてて、声優の恋羽もこさんの声質とキャラクターがすごくあってて、可愛さが引き出されていたように思った。

ロープラとしてここまでやってれば十分かなと思う一方で、朔の心や成長にここまでフォーカスを合わせてくれたなら、もう一歩シナリオを踏み込んだものにできたんじゃないかなと思う所も多い。
ただそうなるとシナリオの分量が足りなくなるし、そう思うとロープラじゃなくなるんだろうなーとか考えるとやっぱり、うまく行かない。

ただやっぱり、そういう部分にもう少し言及できていたら、ラストシーンの印象もまた変わってきたのかなと思わなくもない。
シリーズとして何時もラストシーンが綺麗なので、そういう事を思ってしまいました。