タイトル : Honey*Honey*Honey!
ブランド : おうちじかん


シナリオ : ☆☆☆☆ [1/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★☆☆☆ [2/5]
総合評価 : ★★☆☆☆ [2/5]
(総プレイ時間 : 3h弱)

キャラクター・シナリオ
「男女接近法」が施行された世界を舞台に、過去の経験から女の子と触れ合うのが苦手になった主人公とどうしても接近したがるヒロイン3人とで作られた学園ラブコメ作品。

公式のストーリー説明にあるような「男女接近法」というバックボーン自体はあまり作品に関係なく、どちらかというと学園における男女の付き合いを制限する「恋愛監査部」を中心となったシナリオとなっている。

全体的にギャグテイストに纏まった今作、テキストによる説明は簡素で読みやすく、シーン展開のテンポも良い。
特にギャグシーンは出来が良く、例えばアリカの設定を活かした展開はこの作品だからこそといえ、中でも秀逸だったのがみゆき√。
CVの南十字いっせいさんの熱演もあって、かなり面白いキャラクターに仕上がったみゆきの魅力がいかんなく発揮されたシナリオは、この作品のテーマからは外れているものの、今作中では最大の評価をしている。

一方でやはり気になるのは全体的なボリューム。
共通ルートでは状況説明とヒロイン達との出会い/再開が描かれている程度で、かなり早期に個別√に入る事となっており、個別の感想に関しては下記の通りとなっているものの、それぞれの攻略時間は0.5h程度とロープライス作品並みのボリュームになっている。
フルプライスではないと言え、かなりシナリオが絞られているように感じ、この作品の良い所が上手く生かしきれていない原因の一端を担っている。
ただし各個別√はもちろん攻略後にそれぞれ3つのHシーンが追加される等、Hシーンに関しては比較的充実しており、その部分を含めるならばもう少しボリュームはあるともいえるだろう。

全体的に原石のように光る部分がある一方で、ボリューム不足という大きな失点が全体の足を大きく引っ張っている作品というのが個人的な感想で、シナリオ部分に関してはそういうところが顕著に表れているように思う。


共通√【 ★★★☆☆ 】  0.75h
主人公が転校してきてからの数日、「恋愛監査部」やそれに対抗する反対勢力などの存在と少し触れあう部分までを描いている。
「男女接近法」が存在するという特殊な日常と言うのはもちろんだが、学園自体もかなり特殊であり、そうした部分の描写はある。
ただし、ボリューム自体の短さもあってか、そうした部分の説明は大きく割愛されており、どちらかというとヒロイン達とのやり取りが中心ととなっており、勢い重視の内容であることが伺える。


20201220162157
√遠野 つかさ【 ★★☆☆☆ 】  0.5h
主人公の幼馴染で恋愛監査部に所属するクラスメイト。
とても真面目な性格をしているものの、自身の恋愛経験がないために、些細な男女の触れ合いであっても妄想が暴走してしまう事が多い。
久しぶりに再会した主人公に対して、恋愛監査部に入部するように促し、協力してもらおうとしている。

つかさの所属する「恋愛監査部」に興味を持ったことから個別√へと分岐。
妄想が爆発するつかさはいつもの事として、一緒に勉強をしたりとオーソドックスな学園物らしく中を深めてゆく二人が描かれている。
その後の展開に関しても比較的先読みが可能な展開となっており、ギャグも抑えられているため物語としては終始起伏の少ない内容となっている。
その分つかさ自体の魅力は伝わりやすく、共通ではわからなかった彼女の一面が見られたりするところは評価できるだろう。


20201220023545
近森 アリカ√【 ★★★☆☆ 】  0.5h
すぐにくっ付いてくるギャルっぽい後輩。
男女の付き合いは自然であるべきという考えのもと、男女接近法に反対している。
偶然ではあるものの、初対面の主人公に胸をもまれたことから、主人公も自分と同じ側だと認識し、学園でもお構いなしに密着してくるようになった。

勢い任せな勧誘に、アリカの活動が気になった所からアリカ√へと分岐し、彼氏のいないアリカがダブルデートに誘われ、反対派の旗頭としてのメンツのため、主人公を偽彼氏としてデートするという展開から一気に仲が進展してゆく。
そのため序盤から中盤にかけては、くっ付きたいアリカと平穏な生活を望む主人公の対立も目立っていたが、後半においてはそうした部分をしっかりと解消しつつ、全体を賑やかでギャグテイストに纏めていた。
キャラ同士の掛け合いの面白さというよりは、状況を活かしたネタが多くあったのが印象的。


20201219194412
三峰 みゆき √【 ★★★☆☆ 】  0.5h
優しくてしっかり者の美人教師。
普段は穏やかで学生たちからも人気なのだが、主人公の事となると気持ちがあふれ出てポンコツとなってしまう事が多い。
主人公の幼い頃に近所に住んでおり、留守がちな主人公の両親に変わり面倒を見ていた事もあってか、そのころから舜に対して異常なまでの好意を向けている。

学園での平穏を求めたはずが、辿りつくのは教師との禁断の恋。
みゆき√の魅力は何と言ってもヒロインの魅力あるギャップであり、共通から既に漏れ出ていた主人公への気持ちは、ギャグ要素として個別√にて最大の真価を発揮する。
主人公を好きすぎる変態、みゆき先生のテンションの乱高下とそれに冷静にツッコム主人公のシーンは見ていて飽きず、ギャグシーンとしての質がとても高い。
加えて声優さんの熱演という一助もあって、短いながらインパクトある内容に仕上がっていた。


[主人公]折原 舜
今まで転校を繰り返していたが、最近になって幼少期に住んでいた町に再び戻ってきた。
小さな頃の経験から、女の子と接近することに忌避感を感じており、今回入学した学園の決まりに関して驚きはあったものの、都合が良いと考えている。


【推奨攻略順:つかさ→アリカ→みゆき】
シナリオ的にはどのキャラクターを先に攻略しても良い。


CG
別ブランドではあるが「ノラと皇女と野良猫ハート」等でも有名な大空樹さんの絵。
しっかりとした線に濃い塗の絵はどれも質が高く、作品ボリューム自体が控えめだが、Hシーンも18シーンと豊富に用意されており、CG枚数も十分量といえるだろう。
SD絵も何枚か存在している。


音楽
BGM16曲(inst含)、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
全体的に印象が薄いBGMだったのだが、振り返ってみると「距離」などはすごく丁寧なピアノ曲となっていて、使いどころが良ければ涙腺にきそうでした。
Vo曲はあまり聞いたことがないが、岬さんという方が歌ったOP「恋×蜜Distance」はサビが素敵で、作品を意識した歌詞と合わせて聞いてみてほしい。


お勧め度
今作の魅力は絵、充実したHシーン、軽快なギャグシーンの3点が挙げられる。
それぞれ上記までに書いた部分が多いので割愛するが、少なくともギャグ系が好きな方はお勧めしやすい。
一方でシナリオ自体はかなり薄く、その点には注意が必要という事もあってこの評価となっている。


総合評価
絵はもちろんの事、シナリオについてもギャグシーンの良さなど評価できる点はあるものの、やはりボリューム不足が大きく評価を下げており、この評価となっている。


【ぶっちゃけコーナー】
結構厳しめな意見が上記でも多いが、やはりこの値段帯でここまでのボリューム不足はまずい。
個人的に読むのが早い方ではあるが、それでも短すぎるというのが正直な意見で、別作品の名前自体は挙げないものの、ともすれば千円くらいの作品でももう少しボリュームがあったりするだけに、やはり評価は微妙なものとなってしまう。

シナリオについてもやっぱり微妙。
特にセンターヒロインっぽいつかさ√において、その設定を巧く生かしきれていなかった印象が強い。
バックボーンとして「男女接近法」なんかがあるものの、そうした部分が生かされているシーンをあまり感じず、それだけでなくとも、つかさの両親や主人公の過去など、もっと触れることで面白そうになる要素が沢山あるだけに勿体ない。
そこに触れないなら、いっそ全編をギャグ一辺倒にしてもよいのに、そこにも振り切っていないものだから、全体的にぼんやりとしたどっちつかずな印象になってしまっていた。
シナリオ中のギャグはもちろん、パッチを利用したギャグ等、センスはあるだけにこうした部分も勿体ない。

いい絵や充実したHシーンが今作の魅力として挙げられる一方で、取れるはずだった評価を大きく撮り逃している部分があるのも確かで、惜しい所が多い作品だった。
最初の作品という事で今後にも期待したい。