タイトル : HaremじゃないよKingdom シャルローネ&マルー編
ブランド : SMEE


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   :       [-/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]
(総プレイ時間 : 1h)

キャラクター・シナリオ
物語を始めると2人のキャラクターシナリオを選ぶことができ、選択後にそれぞれのストーリーが開始されることとなる。
その為共通ルートはなく各シナリオのみの評価となっている。


HaremじゃないよKingdom シャルローネ&マルー編 (2)
シャルローネ√【 ★★★☆☆ 】  0.5h
本編後の展開として例のごとくメロディアの力で繋がった日本で、1週間の間新婚旅行として二人きりで過ごした日々を描く。
前作から因縁のあった主人公の母親との直接対決はもちろん、いつもは自信満々なシャルが現代の女性に嫉妬したりと色々な表情が見られるものとなっている。
個人的にギャグシーンが刺さらなかった事もあって大笑いをしたりはしなかったものの、アフターとしては順当な内容になっており、サクサクプレイできるのはこのシリーズ作品の良い所だろう。


HaremじゃないよKingdom シャルローネ&マルー編 (1)
マルー√【 ★★★★☆ 】  0.5h
本編にて、宰相としてではなく一人の女性としての幸せをつかむことにしたマルー、そんな彼女がついに繋がった日本へ主人公と向かい過ごした1週間を描く。

展開自体は妥当な内容となっており、マルー自体もギャグ要素が意外にあるキャラクターなので、普段しっかりしている彼女が日本で暴走する姿などは楽しんでみていられる。
個人的に評価したいのは終盤のシーン。事ここの回想シーンについてはマルーというキャラクターをとらえる上でも重要なファクターとなっており、彼女が宰相として過ごした日々を想起させ、彼女がどんな思いで過ごしていたのか、そして今をどう思い生きているのか、そうしたことがしっかりと伝わる内容となっていた。


【推奨攻略順:シャルローネ→マルー】
FDという性質もあり好きな順番のクリアで良いだろう。
個人的にはマルーを後回しの方が良いと思っている。


CG
1つ目のFDと同様、各ヒロインに対し、一般イベントCGが1種、HCGは2シーン分で5枚が新規追加となっており、立ち絵についても現実世界用にフォーマルを変えたものがそれぞれのヒロインで用意されている。


音楽
新規追加曲は一切なし。
今作でも「果てしない荒野への道しるべ」が効果的に使われていたイメージが強い。


お勧め度
本編「HaremKingdom -ハーレムキングダム-」のFD作品でFDとしては2作目。
内容は前作のFDと同様、ハーレム要素のない各アフター√となっていて、短いシナリオではあるものの、しっかりと笑いはあり、その中で各ヒロインについてしっかりとスポットも当てられている。
この作品に興味を持つ人はおそらく「ハレキン」自体が好きな人だろうし、そうでなくても該当キャラクターが好きだった人と推測されるので、そうした人にとっては安心してプレイできる内容となっている。

総合評価
FDとして短めではあるものの内容としては満足できる内容となっており、前作のFDと同様に個人的に感動したシーンもあって評価はしている。


【ぶっちゃけコーナー】
前作の光√で結構ハードルがあがってたんだけれど、今作の笑いって意味ではあまりふるわなかったイメージがある。
この辺りは本編と似たイメージだったといえるだろうか、まぁここに関しては合う合わないがあるので、正直私の意見としてはあまり参考にならないだろう。
個人的に評価したいのはマルー√だった。
内容自体に関しては上記でも触れているので流してしまうが、まぁアフターシナリオとしてここまで書けれいれば十二分かな、と言う所を短いシナリオの中で実現できていたので、そうしたところはしっかりと評価していきたい。
ただどうしても1作目のFDと比べてキャラ数も少ないので、評価としては控えめになってしまう。
可能ならばセット販売等がなされて、そういうのを購入する形が最も望ましいといえるだろう。