タイトル : 9-nine- ゆきいろゆきはなゆきのあと
ブランド : ぱれっと


シナリオ : ★★★★☆ [5/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★★☆ [5/5]
お勧め度 : ★★★★☆ [5/5]
総合評価 : ★★★★☆ [5/5]
(総プレイ時間 : 5h)

シナリオ

「9-nine-」シリーズの4作目。

前作までの流れを踏まえての今作、攻略対象となるのはもちろん4人目のヒロインである結城 希亜。
主人公陣営のクールなリーダーとして正義を重んじた行動をする一方、自身の能力を「ジ・オーダー」と名付けたりと中二病っぽい言動にどこかコミカルさも感じるキャラクターで、人をあまり信用しないためか距離を置きがちで謎も多かった娘でもある。

今作では特に前半から中盤にかけては今までの作品とほぼ同様の流れとなっており、謎多き彼女について迫りつつ、彼女の魅力が遺憾なく感じられる内容となっている。
特にとある切っ掛けにより主人公に心を許すようになってからの彼女の可愛さは半端ではなく、甘えん坊でヤキモチ焼きという、今までのギャップを余すところなく利用したその魅力は筆舌に尽くしがたい。
今作のプレイヤーは彼女に対してのイメージを攻略中に何度も書き直すと同時に、その可愛さに何度も恋に落ちるだろう。

上記の希亜がメインとなるシナリオ部分に関しては設定的な問題もあり、どうしても急な展開になってしまう部分も目立つ。しかし今シリーズまでの下地もあってか、プレイしている側にとってテンポよく進んでゆく話自体は見ていて心地よい。
一方、彼女の内面を描くシーンに関してはしっかりと分量がとられているもののシーンとしての短さは依然として存在しており、後述のシナリオの印象の強さもあってどうしても印象が薄くなりがちなのは弱点の一つといえるだろう。

物語の後半からは、シリーズ作品のフィナーレに相当する部分となっている。
ネタバレになるため詳細は伏せるものの、今までのシリーズ作品における伏線や今作でさらに判明した事などを絡めた内容となっていて、今まで謎だった多くの部分なども判明し、異能バトルもたっぷりと描かれたシーンの数々や、泣ける場面は勿論、予想外の展開に、絶望的な展開、そしてそれら乗り越えてゆく様子には鳥肌が立つほど。
物語の終わりを迎えるまで、終わってからも心休まらない物語は、その内容の濃さから心に深く刻まれるようで、シナリオの分量としては比較的抑え目なのだが、その盛り上がりと完成度はまさしく今シリーズで最高潮ともいえるだろう。

すべてを手放しに褒められる作品ではないが、終盤の展開はその問題の全てを許せるほどのものとなっており、そういう意味では今作単体ではなく、シリーズ全体としての評価を挙げた作品となっている。


【推奨攻略順:無し】
作中ではいくつか選択肢が出現するものの、選択できるのはほぼ一つであることが多く、物語は1本道。


CG
細い線に淡い塗り、柔らかさの伝わってくる、安定の和泉つばす先生の絵。
一般的な作品と比較すると枚数自体は少ないものの1枚1枚の完成度は高く、美麗といってよいだろう。
またSD絵も数枚存在するほか、今までのシリーズと同様にHシーンがヌルヌル動いたりする。


音楽
BGM28曲、Vo曲3曲(OP/ED/挿入歌)という構成。
今作の音楽鑑賞画面で確認できるのは上記ではあるが、シリーズ作品であるために前作からの楽曲が多く含まれている。
特にBGMに関しては追加されたものが恐らく3曲程度なので、評価の大部分を占めているのは新たに追加されたVo曲についてである。
OPの「DEAR MY WAKER」は初めて聞いてもすごくカッコイイ曲なのだが、全部プレイした後でこそ輝く楽曲でもある。
もちろん挿入歌やED曲も非常に良い曲で、作品と合わせてぜひ楽しんでほしい。


お勧め度
この作品を購入しようかと思っている大半の人間は知っていると思うが、シリーズ作品という事もあり単体で楽しむようには作られていない。
また物語の性質上、振り返りシーンなどが余りないことに加えて、今までの作品の話を利用するシーンなども多いため、過去作に対する重大なネタバレを含んでいる。
プレイする前までにある程度前作までの記憶を呼び起こした上でプレイする必要もある。
おそらく前作まで買った人にとってはこの作品を買わない理由はなく、そして買ってからも後悔はしないであろう内容となっている。


総合評価
音楽や絵だけではなくシナリオも良く、全体的な完成度は高い。純粋に最後まで楽しめる作品となっており高評価をつけている。

【ぶっちゃけコーナー】
ぱれっとの「9」シリーズの4作目ということで、今作でシリーズとしてはおそらく一端の一区切りがついたみたい。
ただ、シリーズとしては続編も作れるような内容になっていたし、あの感じだとFDの形か何かで多分作られるんだろうね。※そもそもがFDの集まりみたいなボリュームだから5作目って考え方で良いのだろうけど。

何はともあれ、しっかりと終わらせたことには正直驚きを隠せないが、あれだけ広げてあった風呂敷も、気が付けばきれいにたたまれている。
勿論、戦闘描写が余り慣れてなかったり、そもそもの設定的に色々と気になる所もあるにはあったけれど、やっぱりこの物語を描いたのはすごいなぁ…と、終盤にはドキドキしながら次の展開を求めて読んでいる、それくらいに熱中してた。
絶望もあった、それを乗り越えて燃えたし、泣けるシーンもあったし、全部終わった後の読了後の脱力感も、それらすべてが確かに楽しめる作品だったという事を示していましたね。

あと、どうしてもその印象が強くて薄くなりがちな希亜、まぁ物語の形的にしょうがないんだけど、彼女は彼女で単体の作品としてほしかった気持ちもある。
後半の容量をさらに増やして、グランド√だけの作品を作るみたいな感じなのかな…。
いや、だってね、それくらい可愛かったんですよ彼女。
ギャップを凄い良い使い方してて、特に主人公に素をさらけ出してからの感じがもうね…書き手としては失格だけど、文字に掛けないくらい可愛かった。
声出たもんね…プレイしながら。

取り留めもないけど、純粋に次の作品が出るならやっぱり気になる。
最後の最後に1文で次につなげてくるあたり、1作目から魅せてたけど、このシリーズの本当に巧い所だわ。