タイトル : アイカギ
ブランド : あざらしそふと


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]
(総プレイ時間 : 2h)

キャラクター・シナリオ
進学のために一人暮らしをすることになった主人公が、その練習のために幼馴染の汐栞の提案で一か月間限定で同棲生活をする事となる。

年末、冬を舞台とした今作でヒロインとなるのは小鳥遊 汐栞。
主人公の幼馴染でありクラスメイトの彼女は、現在は一人暮らしをしているまったりマイペースな女の子。

作品は大きくわけて前半と後半に分けられ、前半では同棲生活と学園生活の二つの側面から幼馴染の関係であった二人の気持ちが恋愛感情へを変わっていく過程を、後半は想いが通じ合った二人のイチャラブシーンが描かれている。

前半部分に関しては、学園生活などが描かれておりサブキャラクターなども出てきてはいるが非常に影は薄く、基本的にはヒロインである汐栞と主人公の二人の閉じた世界観で描かれているシーンが多い。

また分量に関しては、とHシーンが中心で構成された後半部分のほうが多めとなっているが、内容的には前半部分のほうが詰まっていて、特に今作ではヒロインの汐栞が主人公に好意を抱いており、なおかつ主人公はその感情に対して無頓着であるところから物語が始まっているという前提があるため、汐栞視点を交えての恋愛描写が非常に甘酸っぱく描かれ、同時にそうした彼女の行動に(天然も含む)に惑わされドキドキするという、同棲生活ならではのシーンも満載となっている。

一つ屋根の下で二人きりで暮らすという設定自体は割と無理のある展開ではあったが、そうしたところに目をつぶれば、二人の時間が増えていくことで、お互いの気持ちを見つめなおす切っ掛けとなり、お互いを想う気持ちが大きくなる過程がしっかりと描かれた作品といえるだろう。

後半部分のイチャラブでは、汐栞の家庭的な部分によって包容力などを感じる一方で、Hシーンによってそれまでの無垢な印象から一転、女性っぽい妖艶な雰囲気を感じるシーンもあり、そうしたギャップも含めて彼女の魅力にさらに一歩踏み込んだ作品となっている。


【推奨攻略順:なし 】
選択肢無。


CG
しっかりとした線に濃い塗の絵でイベントCGは17枚で内10枚がHCG。
光の使い方が丁寧で、1枚絵の破壊力が高く感じる。


音楽
BGM数不明、Vo曲1曲という構成。
ミュージックライブラリがなかったため、BGMに関して確認は不可能。
全体的に落ち着いたものがそろっているものの、旋律としては強めのものが多く、そのあたりに時代を感じることもあった。
Vo曲は今作をテーマにした歌詞を大島はるな(エロティック大島)が歌った『奏-Sou-』。イントロを含めたAメロも好きなのですが、その部分とつなぐBメロの盛り上げ方が非常に良く好み。



お勧め度
オーソドックスなイチャラブ同棲物。
シチュエーションに特化した作品であり、それ以外はイチャラブをメインとした典型的な作品となっている。ロープラ作品ということで、シナリオ自体は短いが反面、プレイのハードル自体は低い。
一応、学園要素を含んだ作品だが成分としては薄いことを追記しておく。


総合評価
ロープラ作品としては平均的なこの評価。


【ぶっちゃけコーナー】
癒されるというよりは、ただ汐栞がかわいいのを堪能する作品かな。

シチュエーション特化のロープラ作品ではあるが、あざらしそふとの作品ということでイチャラブシーンは非常に安定していて読みやすい。

前半部分は結構恋愛描写をしっかりと書いてくれていた印象が強いけれど、後半はHシーンの占める割合が本当に多かった。
だからあんまり語るべき内容がないのだけれど、どこに重点をもっていくかだからね…。
そもそもがイチャラブメインの作品なわけだから、そこにウェイトが言っているのは正しいと思われる。
少なくとも人気が出たのだから、続編があるのだろうしね。