タイトル : アイベヤ
ブランド : あざらしそふと


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]

(総プレイ時間 : 2.5h)

キャラクター・シナリオ
自宅のリフォームに合わせて、幼馴染の綾希の家に居候することになり、急激に距離が近くなった二人は『お試し』で恋人として付き合ってみることにしたのだが――。
明るくて誰とでも親しくなれるヒロインの綾希、そんな彼女との恋愛を描いた作品となっている。

導入部分から終盤に至るまで、基本的にテキストは読みやすく物語自体がすっきりしていることもあってサクサクプレイできる。

シナリオ自体は居候シチュエーションにありがちな脱衣所ハプニングや、同じ部屋でドキドキしながら寝たりとオーソドックスな展開が多く、特に前半部分に関してはそうしたシーンと合わせて主人公とヒロインの初々しい恋の様子が描かれている。

一方後半にかけては、学園物の定番のイベントとして学園祭が描かれていたりもするのだが、メインとなっているのはイチャラブシーンであり、特に豊富なHシーンとあわせて、ただひたすらに甘い疑似同棲のような場面も描かれている。

今作では両親(主人公とヒロイン)の設定や性格が結構変わっていたり、作中では声がないもののそれぞれの友人が多く登場したりと、サブキャラクターの登場シーンも多かった。
完全に生かし切れていたかというと疑問の残るところではあるものの、とても賑やかな雰囲気が作られており、二人だけの世界というよりは、開いた世界観を感じさせる内容となっている。

【推奨攻略順 : なし 】
選択肢無

CG
細い線に濃い塗の絵。
サイズ比が4:3と少し古めではあるものの、瑞々しさのある質感の良い絵は全体的に質も安定しており、イベントCGの枚数は17枚+差分で、そのうち10枚がHCGとなっている(Hシーン自体は7シーン)。


音楽
BGM9曲、Vo曲1曲という構成。
全体的に穏やかなBGMというのが第一印象で、数は少ないもののシナリオ自体も短いので気にはならないだろう。
個人的に評価しているのは主題歌でもあるDucaさんの「5センチ」であり、切なげなイントロ部分が特に秀逸。


お勧め度
幼馴染との恋愛を描いたオーソドックスな作品。
甘いイチャラブシーンにかんしては、さすが「あざらしそふと」ということもあって、安定しておりロープライス作品という事もあってお手軽にプレイもできる。
反面、シナリオとしては捻りがなくプレイし慣れている玄人にとってはあまり面白みがない作品でもあり、作品のコンセプト自体に惹かれないのならば、無理して手を出す必要はないだろう。


総合評価
標準的なロープライス作品であり、平均程度のこの評価に。


【ぶっちゃけコーナー】
特に語ることはない、というくらい普通の作品。
まぁ、ロープライスという特徴はあるものの、それを除けば萌えゲー・エロゲーってこんな感じですよね? っていう典型を描いた作品なのかも。
つまりは王道なわけですが、一方で平凡な作品でもありました。

シチュエーション自体は居候してどんどん親しくなって、お試しで付き合ってみて…みたいな展開で、ここに関しては本当に変化球がない。
ある意味安心してみていられるのが魅力ともいえるだろう。

一方、シナリオ内ではあえて触れなかったラストシーンについても触れておくが、もちろんこの作品の中では最も盛り上がりを見せる展開だったと思う。
ある種これを書くために、今までの話があったんだな…と思う程度には気合の入った流れでもあった。
ただこの展開自体がある程度見たことがあるものなので、新鮮味は薄い。
それ自体は悪い事ではないのだが、やはり威力としては弱かったのも事実。
まぁそこが主題の作品ではないのだけれど。