2f2ce4b2.jpg
タイトル : 処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星
ブランド : キャラメルBOX


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]


キャラクター・シナリオ
おとボクシリーズの3作目の今品は今までの聖應から一転、キリスト系の『聖セラール女学院』を舞台とした作品で、結城密はとある大企業の娘を秘密裏に守護するため、男なのに女学院に入学することになる。

と、設定だけ聴くと『恋する乙女と守護の楯』のようである今回の作品だが、「お嬢様学校に潜入する」というような今までの流れや世界観を踏襲している部分もあれば、舞台やコンセプトを変えている所もあり、学園のイベントの中だけではなく、小さなキャラクターとのやり取りに至るまで、随所に新旧の風を感じる。

踏襲された部分について、最も評価したいのはこのシリーズには欠かせない精緻な心理描写だろう。
その表現力は依然として安定したものであり、特にキャラクターが多くなり混乱しやすい共通ルートにおいては最もそれが顕著に表れていると言える。

逆に踏襲してほしくない部分でいうと個別√の薄さであろうか。
共通ルートに関しては内容も濃く分量もあるのだが、そこを1度プレイしてしまうと、後の個別√は非常に薄く、内容も駆け足になってしまっている部分が多い。
せっかくキャラクターとしては非常に魅力的な人物がそろっているので、そのあたりは非常にもったいなく感じてしまう。

最後にシナリオとして物語の整合性が非常に悪いというのが正直な感想。
あとでも出てくるが、選択肢によっては会話の内容がわからなかったり、とあるシーンが飛ばされていたり、誤字脱字が多かったりと非常に目に余る部分もあり、全体の評価を大きく下げている一旦となっている。
ぜひ落ち着いてプレイをするなどしてブラッシュアップをしてほしかったところ。


共通√【 ★★★★☆ 】  8h
今までの「おとボク」作品と同様に密の転入から卒業までを描いており、文化祭のような一般的な学園イベントはもちろん、照星選挙のようなシリーズ独自のイベントがメインとして描かれており、中には今までのシリーズをしていたからこそ分かる伝統のようなシーンもいくつか点在している。
また、作中の選択肢によって各種イベントが挿入されたり、内容が変化するようになっており、それに合わせ各話で各キャラクターを絡めた様々な問題が発生する。それに対し密が行動することで各キャラ、そして密自身の在り方を変化させてゆくことになる。

上記で書いた理由もあり、ボリュームもかなりの量となっているのだが、各ヒロイン√がある中でもやはり評価したいのはこの共通ルート。
特に密について語られる後半シーンにおいての、織姫の心の動きや学園を含む周囲の反応は否応なく感動させられるものとなっており、非常に高評価となっている。


ひと月になる所といえば、選択肢によりシナリオの一部が変化するため、多少物語に誤差(『象牙の間』を知っているはずなのに知らない等)が出るシーンがある所であり、これはは共通ルートだけもかなり多くのシーンで見られた。この辺りに関しては物語において非常に重要なシーンも含まれるため、デバックするなどのブラッシュアップがほしいところ。


9d318640.png
風早 織女√【 ★★★☆☆ 】  1h
世界に名だたる大企業の当主の一人娘であり、次期当主を目されるお嬢様。
その立場に甘えることなく、自身も帝王学を初めとした様々な学習を行っており、成績も密が入学するまでは主席を守っていた優等生。
その忽然とした態度や気品、あふれる優しさも相まって学院での人気がもっともある学生であり、学院では畏敬の念も込めて「姫」と呼ばれている。

おそらく今作ではセンターヒロインに近いキャラクターで、同格であるはずの美玲衣と比べてもその差は歴然。
個別√は鏡子√と展開を一部共有しているが、概ねは織女の実家を絡めたシナリオとなっており、二人の将来に関してを過ごし意外な展開も含めつつ描かれている。
短いシナリオではあるものの密の立ち回りや二人の恋愛描写もきちんとあり、内容自体は詰まっている印象がある。


9dc7635b.png
正樹 美玲衣√【 ★★★☆☆ 】  1h
織姫に次いで人気のある3年生。冷静で感情論を排した発言が多いため、冷たい印象を受けることも多く、それゆえ周囲から評価されている所も。
成績では織姫に次いで2位に甘んじていることや、出自の関係もあってか織姫に対して非常に強い対抗心を抱いていたが、密との出会いにより考え方が変わってゆく。

今作のセンターヒロインの一人で、キャラクターとしても意志の強いとても面白味のあるキャラクター。しかしながら、密の女装バレシーンにまつわるシナリオは選択によっては飛ばされることもあったり、エピソード自体も非常に薄かったり、と今作で最も不遇な扱いを受けたキャラと言える。
個別√は彼女の実家を絡めた話であり、密の活躍するような立ち回りのシーンもあるにはある。全体的にさくっと描かれている印象が強く、物語自体もすんなりと終わる。


c5d6fa9b.png
仲邑 茉理√【 ★★★☆☆ 】  1h
『ヴィオラの君』と称される儚げな雰囲気のある3年生。
元々は有名なのヴァイオリニストの卵だったが、心因性の病気のために手を自由に動かせなくなり療養のために学園に転入してきた。
独自の感性があり、つかみどころのない反応が多い。そのため会話する相手も少なかったが密とは気が合う他、中盤からは美玲衣と共に行動する姿もよく見られている

個別√では彼女からは外せない「音楽」についてをテーマとしたシナリオとなっており、、同時に彼女の将来についても絡めて描かれている。
どこか天然な風の彼女だからこそ時折見せる深い懐や突拍子もない行動には、彼女ならではの魅力があると言える。


f2e72ae2.png
伊澄 花√【 ★★★☆☆ 】  1h
キミリア寮に暮らす1年生で、寮では鏡子と密の妹(世話係)を担当している。。
優しい父母で育ったためか甘えん坊で、ドジっ子なところがあり、鏡子には特にいじられることが多く、その度にアワアワしている。
自己評価が非常に低く、特殊な環境であるセラールにおいて委縮する場面も多い。

ヒロインの中では数少ない後輩キャラであり、純粋に慕ってくれる妹としての在り方はどこまで行っても可愛い、とにかく可愛さを前面に押したキャラクター。
多くの登場人物から可愛がられる事も納得してしまう、そんな花の可愛い様子が個別√でもいかんなく発揮されている。
また、女装バレのシチュが他キャラと違うところにも注目しておきたいところ。


cb2b9328.png
茨 鏡子√【 ★★★☆☆ 】  1h
1年前から学院に編入している主人公の同僚であり、『お嬢様』に変身するためのイロハを短期間で密に叩き込んだ人物。
基本は無口で毒舌家なため冷淡な印象を受けるが、花や主人公をいじって楽しむ悪戯っぽい一面や、密と二人きりの時には姉っぽい一面も見せる事もある正統派ツンデレキャラ。
実は密たちよりも年齢が上であり、そのことを非常に気にしている。

個別√では織姫と内容が一部被っているが、途中から展開がかわっており、彼女にまつわるシナリオに関しては身分違いの部分を少しだけ取り上げている。
どちらかというとキャラクターとしての魅力が高く、共通ルートからこの子の「ツン」と「デレ」にヤられた人は多いはず。
個別√においての「デレ」はまた違った魅力のあるものとなっている。


699b7e9d.png 97b4ee9f.png
迫水 すみれ&あやめ√【 ★★★☆☆ 】  1h
1年先輩の姉であるすみれは思慮深く、妹のあやめは元気な性格をした対照的な双子の姉妹で、お互い非常に仲が良い。
両親は事故死しており、その関係でキミリア寮で生活をしていることに加え、両者共に奉仕会にも所属しているため密と過ごす機会も多くなっている。

双子だからこそ魅せられる空気感、というものを非常に感じられる個別√で、姉妹による心の押し引きは彼女たちならではのものと言えるだろう。
短いシナリオではあるものの、デートシーンにおいて二人同時はもちろん、あやめとすみれそれぞれ単独でのシーンが用意されていたところも高評価となっている。
残念なのが物語の整合性があまり取れないシーンが多くみられたところだろうか。

4688a622.png
[ 主人公 ]結城 密
母子家庭であったが幼少の頃にその母も無くなり、風早幸敬とその部下の結城大輔に引き取られ、結城家の養子として育てられた。
元来自分の希望を見せることがなく、引き取った二人くれた二人の恩返しのために日々努力をしており、黙々と文武技芸の修練をこなす日々を送っていた。


【推奨攻略順 : すみれ&あやめ→茉理→花→鏡子→美玲衣→織女 】
基本的に攻略順は順不同ではあるが、選択肢によっては物語に不可解な部分が発生することもある、上記の順番だとある程度抑えられるかもしれない。それとは別に照星である二人は最後に回すほうが良い。


CG
線がしっかりとした、独特の硬い印象を受ける絵ではある。
しかし、枚数はもちろん今までのシリーズと比較しても格段に質のレベルが上がっている野が印象的である。
SD絵に関しても多数存在。


音楽
BGM20曲、Vo3曲(OP/ED/挿入歌)という構成。
実際は60曲にせまるBGMが用意されているが、過去のおとボクシリーズからの転用が多くを占めており、新規のBGMは20曲となっている。
全体的に明るく、テンポの良い曲が多いイメージで、特にヴァイオリンの奏でる綺麗な音色を使用したBGMが良く目立つ。
Vo曲に関しても榊原ゆいさんの歌う「星影灯」など、涙腺を緩める楽曲も用意されている。


お勧め度
『処女はお姉さまに恋してる』シリーズの3作目となる今回の作品だが、主軸である『女装』や『お嬢様学校に潜入』という部分以外で大きく様相を変えている。
そのため今までの作品に思い入れがある人ほど、作品に対しての評価が二分するような内容になっている。
作品自体は安定した女装物なので、この作品が初という方にこそ純粋におすすめしやすいというのが正直な所。

総合評価
全体的に安定したシナリオではあるものの、個別√の短さや誤字脱字等のミスは作品としての価値にヒビを入れており、少し抑えたこの評価。


【ぶっちゃけコーナー】
このシリーズで3作目というのは、人によっては「もう出ないかも?」と思っていたほどらしいので、ある意味待望の作品なのかな。
たしかに、伝統的に雰囲気を踏襲しているところもあるんだけれど、変わるところはばっさりと変わってしまっている。
BGMや日常のイベントなんかはわりと前作を思い出すシーンも多く、共通√はボリュームも多く、泣けるシーンもあったりと、期待を超えてくるような高評価部分がある一方で、主人公が共通√の多くでパートボイスになっていたりする部分なんかは、仕方がない部分ではあるものの残念に思う人が多そうである。
そして個別√の短さ・薄さも前作までと同様といえばそうなのだが、今作ではそれに増して選択肢による物語の変化において整合性が取れていないシーンが多くあった。
顕著に現れていたのはすみれ&あやめ√だろうか、また特に美玲衣への女装バレシーン描写を曖昧に描いていたのは、この作品の良さを殺しているといっても過言ではなく、このあたりに関してはぜひ直してほしかったところ。
と、シナリオや雰囲気等は賛否両論に分かれても不思議ではない内容だった。