タイトル : DEVILS DEVEL CONCEPT
ブランド : 暁WORKS


シナリオ : ★★★★☆ [4/5]
CG   : ☆☆   [1/3]
音楽   : ★★★★☆ [4/5]
お勧め度 : ★★★★☆ [4/5]
総合評価 : ★★★★☆ [4/5]

キャラクター・シナリオ
攻略可能キャラ5人のBADEND含む10ENDの燃え重視のシナリオゲーム。
物語の長さはそれほど長くない。

CG
絵によって雲泥の差がある。
特に男の絵を描くのは下手だが、遠くから見る人の絵や数枚の戦闘シーンのCGは文句の付け所が無い。
立ち絵にもできの良さにばらつきがある。
また、ほとんど物語に登場しないようなキャラに立ち絵があったりすることがあるのも特徴。

音楽
OP、ED、挿入歌、BGMとその量は結構多い。
その中でも燃え成分を後押しするOP曲は質が高い。

お勧め度
流血シーンが多々含まれ、少し難しい言い回しなどが多いため混乱することもあるが、そこを乗り越えればよいゲームとして受け入れることは出来るだろう。

総合評価
怪奇事件が起こる街「鶴伎町」――そこはさまざまな「災い」と「呪い」とそれにまつわるモノたちの戦場
「エンジャ」と呼ばれる特異能力者、そのルーツである「悪魔」
彼らは渦に飲まれるように集い、殺しあう。
時雨楚良はエンジャの少年。
両親を亡くし一人暮らしをしながらの平穏と安息と、そして破壊の日々。
彼の持つ「契約」が少女たちと出会わせる。
そしてその果てに…彼は最後の悪魔と出会う――

今作品は時代感や普通の人々はそのままで、新たな設定を割り込ませたもの。
かなり妙な言い回しが多く、専門用語も多々出てきているため混乱が多くみられる。
新しく出てきた文中の専門用語などはクリックすれば用語集に飛ぶ機能や、一覧で見られる機能があるので、最低限ついてくることは出来る。
しかし、大まかに理解できるようになるのは1ルートクリアした後くらい。
ルートごとに大まかに話が変わるのは評価でき、最後のルートはそのおかげである意味大きな心の動きがある。
シナリオのテーマ「人間」や「悪」といったものについていろいろな視点からかかれている。
また、そういった繋がりから普通ではありえないようなシュチュエーションでの恋愛模様などが描かれている。
絵だけは質の上下があったが、その他の質は中かその少し上といったところ。
直したいところは、分かりにくすぎる表現と、絵、声優に少し力の入っていないところも見られた。
最後のルートの終り方には賛否両論ありそうで、純粋に燃えゲーと受け入れていいのかどうか迷うところもここである。
よく言えば、余韻のある終り方。
しいて言うなら、無駄に感動させるわけではなく「燃え」と「泣き」のコントラストをはっきりさせると、物語にハリが出て、さらに上の評価を目指せるんではないだろうかと思う。
シナリオの運び方や、それぞれのルートの質が悪くない分、少し踏み込めていない部分が目立ち残念である。
今回苦評は多目だが、悪いわけではなく、純粋に改善点が明快なだけで、全体的に想像するとやはり平均は軽く超えている。

【ぶっちゃけコーナー】
少々異質な燃えゲー。
全体の完成度としては低いのだが、その物語自体の潜在能力は高い。
しっかりと作りこんでくれていれば、かなり高評価になったことは間違いないのだが…。
そのため少々展開としては物足りない部分があるかもしれない。