タイトル : 宿星のガールフレンド 芙慈子編
ブランド : mirai


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]
(総プレイ時間 : 1h弱)

キャラクター・シナリオ
シリーズの4作目にあたる今作、元は『宿星のガールフレンド』シリーズが全て入った「ALLSTAR」という作品の特典としてついていたものとなっている。

今作のヒロインとなっているのは今までの作品でも登場してきていた『与那嶺 芙慈子』。
主人公のクラス担任であり、おっとりとした雰囲気の保険医。
またもう一つの顔として「きらめく星空の会」の一員としてヒロイン達をバックアップしてきた元スターズという側面もある。

シナリオの時系列としては3作目以降の話となっており、導入に関しても同シリーズ作品とほぼ同様の流れとなっている。

1m以上離れられないなどのお約束設定はそのままだが、内容自体はあくまでFDのようなコンセプトで作られた作品であることや、そもそものラスボスが倒された後の話なので、バトルシーンなどがあまりなく、基本的にはイチャラブやHシーンを中心に構成されている。
もちろん芙慈子の変身シーンなどもなくなっており(Hシーン自体はコスプレとして存在している)、作品としての盛り上がりには乏しいが、序盤において無意識に主人公を誘惑してしまうシーンがあったりと今まで少ししか見られなかった芙慈子のマイペースな一面や彼女自身の包容力など、芙慈子の魅力的な一面がたっぷりと見られるものとなっている。

作風などもしっかりと引き継げるため、サブヒロイン達の掛け合いなども楽しめるのだが、そもそもの分量自体が短く、1時間もあればすべてのシーンが見られてしまう程で、Hシーン自体も作中に3つほどしかない作品となっている。
この点に関しては、成り立ちなどを考えると仕方がないものの、やはり物足りなさを感じる人は多いはず。


【推奨攻略順:選択肢無】


CG
これまでのシリーズ同様、全体的に丸みを感じる淡い塗りの絵。
新規CGの枚数は5枚となっており、その多くがHシーン関連のものとなっている他、絵に関連した部分での追加要素はほとんどない。
正式なタイトルというわけでもないので、ある意味妥当といえる。


音楽
BGM16曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
BGMに関しては3と同数であったため追加曲はないといえる。
OPとEDは個別のもの(OPに関してはALLSTARの物)が新規で制作されており、それぞれ楽曲も新規のものとなっている。
特にOPの「Chu's me! trilogy!」は電波曲っぽい独特のリズムとなっており、シリーズ1作目のOPである「Magical Girl☆Conflict」に似た雰囲気のものとなっているので、気になった方はOP映像と共に楽しんでみてほしい。


お勧め度
基本的にはALLSTAR購入時についてくるため、その流れでプレイすることが多いだろう。
また、今まで個別に宿ガルシリーズを楽しんでいた方にとっては、今作ヒロインである芙慈子はもちろん、過去作ヒロインもしっかり登場するので、作品のテイストを理解しつつFD作品として楽しむ分にはお勧めしやすい。
一応過去作のフォローなども作中でされているものの、宿ガルシリーズを1度もプレイしたことがない人がこの作品だけをプレイ…というのはお勧めしない。
せめて1~3作目のどれかをプレイしてからを推奨したい。


総合評価
かなり短いFD作品であるために評価自体が難しいものの、今までの作品のテイストなどは崩さずに作られているという事で、おまけしてこの評価に。


【ぶっちゃけコーナー】
そもそもが短い作品(1~3を合わせてもやっぱり一般的な作品より短い)のFDみたいな作品なのでそりゃ短いよね。
1~3に付随した作品としての評価なので、やっぱり全体的には甘めなのかも。
上記までの部分に関して、記した誉め言葉の前にそうした前提があっての評価であったことは繰り返しておく。

ただ、1~3のセットであるALLSTARを買って、無料でついてくると考えれば十二分な質だし、久しぶりに見られるヒロインたちの元気な姿や、あまり意識しなかった芙慈子の可愛い所などなど、新しい発見のある作品でもあったかも。
シリーズとしては一応最後の作品になると考えると少しさびしい気もする。