タイトル : ガールズ・ブック・メイカー ~グリムと三人のお姫さま1~
ブランド : ユメミル


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ☆☆☆☆ [1/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]
(総プレイ時間 : 1.5h)

キャラクター・シナリオ
同会社作品「ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット-」(以下、本編)のスピンオフ作品として発表されている三部作のうちの一作目となる作品。
一応、スピンオフと銘打たれているものの、作品としては本編のTRUEEND後、アフターシナリオとして描かれており、主人公や登場人物などは引き継がれている。

今作でメインとなる物語<リグレット>はグリム童話であり、今作のタイトルからもわかる通り、有名な『お姫様』が出てくる3作をテーマとしている。
特に1作目となる今作は作者である『グリム』と有名なあのヒロイン『白雪姫』が登場している。

前作のでも使用されたBGMなどを利用したり、シナリオとしても短い話でしっかりとハッピーエンドにつなげていたりと、サクサクと読めるところ当たりなどは作品テイストはしっかりと踏襲されている。
一方、シナリオ自体の内容に関しては、今作だけでも程度完結しているものの、やはり三部作作品という事もあって謎も多く残っており、作品自体が非常に短い事も加えて単体としての評価を難しくしている。
また作中ではエロシーン等の含有量が多く、そのあたりも本編との差を強く感じた部分の一つとして挙げられ、この点に関してはある意味で魅力ともいえるし、逆にシナリオを目的とした人にとっては内容が薄く感じてしまう原因にもなっている。

今回は前作から引き続き使われている設定の面白さや白雪姫自体のキャラクターの魅力などを鑑みて、平均的な評価を下している。


【推奨攻略順 : 選択肢無 】
前作同様、クリア後にミニエピソードが出現する。
ここに関しても順番はないものの、白雪姫→グリムと選択しておけば分かりやすい。


CG
濃い塗りの、艶のある絵。
イベントCG11枚のうち、9枚がHCG(Hシーン自体は6シーン)という凄まじい割合となっているが、その質に関しては本編同様に高品質。
その他新規キャラとなる白雪姫やグリムの立ち絵なども追加されている。


音楽
作中では主に本編で使われた曲が使いまわされており、今作で確認できる新曲としてはメインテーマとして作られた「幸せのお姫様」のみ。
しかし主旋律は既存曲から持ってきているものなので、どちらかというとアレンジに近い。
個人的に好きな曲が基となっているため、気に入ってはいる。
それでも数が少なくて寂しい所。


お勧め度
序盤に振り返り程度に作品設定の説明がなされるものの、各キャラクターの説明等はあまりないため、前作のプレイは必須と言ってよい。
作品のテイストは前作ときちんと踏襲できており、そういう意味で前作のファンはプレイしやすいが、全体的にHシーンの比率が多めの作品となっている事には注意。
三作のパッケージバージョンが発売される予定である事を鑑みて、この作品単体をすぐにやる必要はないだろう。


総合評価
スピンオフ作品の三分の一の分量という事でボリュームも非常に少なく、シナリオも完結しているわけではないので、あまり論じる意義はなさそう。


【ぶっちゃけコーナー】
まぁ上記でも書いてきたけど、スピンオフと銘打たれた作品が今後三作作られることが、発表されていて、そのうちの一作という事もあって、物語としては起承転結の『起』に当たる部分。
だから単体での評価は難しいんだよね。
そういう意味ではこの作品を単体で買う人は、基本的に絵やエロ目的に絞っておいた方がいいのかもしれない。
今後に発売される作品の質次第でもあるが、三作まとめてのパッケージ版みたいなのが出る予定なのでなおさらだね。

そういえば今作は、前作のヒロインでいうとテイルの他にかぐやが出てきていたかな。
それ以外にもルパンと書いたんだけど、声なかったしな…。
今後の作品で、また本編ヒロインの誰が出てくるのか、そのあたりも楽しみにしたいところではある。