タイトル : あざスミ 〜あざとくてスミに置けない彼女〜
ブランド : SMEE


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★★☆ [4/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]
(総プレイ時間 : 1h)

キャラクター・シナリオ
SMEEとあざらしそふとが共同で作った作品。

「あざとい女の子」をテーマに作られた作品で、主人公とヒロインである麻布真澄が付き合い初Hをするまであたりが描かれている。

作品自体は1h程度と短いものの、その内容は主人公視点で描かれる1週目と、ヒロイン視点で描かれる2週目の2段構成となっている。

1週目ではギャルっぽく気軽に接してくれる真澄が良く描けており、主人公の卑屈さと合わせても威力が高い。
そうした中にテーマである「あざとい」行動が垣間見えてはいたのだが、そうした部分が本当に見えてくるのは2週目であり、ここからがある意味この作品の真価といえる。
彼女の視点から語られることで今まではわからなかった真澄の心情が語られると同時に、片思いからくる行動の数々から「あざとさ」と同時にいじらしさが伝わってくる。

短いシナリオの中で恋愛特有の気分が上滑りするようなドキドキする甘酸っぱいシーンを、しっかり描けており高評価となっている。

【推奨攻略順:なし 】
選択肢無し。

CG
繊細な線にしっかりとした塗り。
イベントCGは4種類でそのうちHシーン分は2枚(+差分)となっている。
シナリオ量から考えると質も量も十二分といえる。


音楽
BGMのみ数曲存在するが、新規曲が存在したかは不明。
一部はSMEEの『Making*Lover』やあざらしそふとの『アマカノ』シリーズから出展されている。



お勧め度
シナリオは短く作品のワンシーンを切り取ったような作品ではあるものの、恋のドキドキと真澄の可愛さがいかんなく発揮された内容となっている。
中身も読みやすく、コストパフォーマンスという意味では非常にお勧めしやすい作品。


総合評価
使いまわし等もあるものの全体的には作品の体をなしており、何より低すぎるコストに対するパフォーマンスを考えると価格以上の内容があったといえる。


【ぶっちゃけコーナー】
まぁ作品にだけ語るべきなんだろうけれど、やっぱりコスト(約300円だけれどセールで約100円だった)とは切っても切り離せない。
音楽とかはさすがに新しいのがなかったけれど、シナリオの内容量とかを考えるとやっぱり安い。
これが1000円を超えだすとなかなか悩むとは思うけれどね。

二社で作ったことについて、SMEEの良さはギャグシーンだと思ってたので、そのあたりはあんまり出てなかったのかも。
ただあざらしそふとの恋愛描写とSMEEのキャラ萌えって意味ではいい化学反応を起こしていた気がする。
個人的には真澄の可愛さが結構響いたし、素直にいいなと思えたので少し高めの評価にはなっている。