e77739cf.png
タイトル : 猫忍えくすはーと2(LOVE +PLUS)
ブランド : Whirlpool


シナリオ : ★★★☆☆ [3/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★☆☆ [3/5]
総合評価 : ★★★☆☆ [3/5]

キャラクター・シナリオ

『えくすはーと2』に関しては、彩羽編で少しだけ紹介されていた『律』と『マヤ』が登場するシナリオに『猫忍えくすはーと2 LOVE +PLUS』では本編後の何気ない日常を描いている。

どちらもシナリオは短く簡単に読み下せる内容となっており、何よりもキャラクターの可愛さ、魅力を表現することに重きを置いているシナリオとなっている。
シナリオ自体が短いことに加えてイチャラブコメディと言うこともあって、最後まで飽きずにプレイすることが可能。


本編【 ★★★☆☆ 】  2.2h
前作からの続編となる部分となっており、新キャラとして『律』と『マヤ』を加えて、さらに賑やかになる日常を描く。
シナリオ自体は相変わらず短いものの、テンポの速い展開で飽きさせず、またキャラクターを魅せる部分はしっかりと抑えられている。

特にキャラクターが増えたからこそ描ける新しい面…嫉妬したり喧嘩したりと、前作での甘え中心の描写から一転、たくさんの顔を見せてくれるようになっており、同じテイストのシナリオの中でも一つ新鮮な印象を与えていた。

26428781.png
LOVE +PLUS【 ★★★☆☆ 】  2h
本編後のいつもの日常を描く。
詳細は下記。

・ゆら√
嫉妬したゆらの暴走劇、よくある日常シーンにある主人公のツッコミが小気味良い。
初めて猫忍を正確に使役する主人公が見られる貴重なシナリオでもある。

・たま√
『たま』が魔法少女に憧れることに端を発する一連の騒動を描く。
いつものドタバタとした日常の中にある『たま』のマイペースな様子が良く描かれており、シナリオとしても『人助け』をテーマに心が少し暖かくなるようなものとなっている。

・律√
真面目な律が普段の生活に申し訳なさを感じて頑張るお話。
頑張るけれど空回りしてしまう、それでも諦めない健気な律の姿はやっぱり可愛いく、ゆらと似たベクトルの子ですが、しっかりと違った魅力もある猫忍。

・マヤ√
子猫を拾ってきてしまったマヤ。
皆からの反対の中、半蔵と名前を付けて『忍猫』として育成することになるのだが――一匹の子猫と一匹の猫忍の織りなすハートフルストーリー。
子猫を育てることで成長していくマヤ自身も描く展開はまさに王道で、心温まるストーリーとなっていた。


[ 主人公 ]北上 春希
突然押しかけて来た『ゆら』と『たま』達との生活にも慣れ、彩羽の指示を聞きながら生活を続けている。
基本的に全員笑顔でいてほしい平和主義者で、仲が悪い二人であっても何とか仲よくしてほしいと願っている。
それ故に優柔不断な態度をとってしまうことも。


【推奨攻略順 : 本編→LOVE +PLUS(ゆら→たま→律→マヤ) 】
本編を先に終わらせてしまえば後は好きな順番でよい。


CG
前作同様の大衆的に受けやすい絵。
CGは全体的に質が安定しており、立ち絵に関しては過去作のものを使いまわしているものの、一部新規服装などが追加されている。
ピクピクと動く耳ももちろん健在、SD絵も数枚存在。


音楽
Vo曲1曲、BGM?曲(鑑賞モードがなかったため不明)
薬師るりさんが歌う主題歌 「catch your heart」はポップで明るい曲となっており、作品自体の雰囲気にもあっていてよい。


お勧め度
前作からより賑やかさを増したシリーズ物の2作目。
猫忍と過ごす癒しの甘いイチャラブ成分はそのままに、よりたくさんのキャラクターとの賑やかな日常が描かれており、前作が気に入った方ならプレイ推奨。
簡単だがあらすじ説明等もされるためこの作品かラ始めることも可能だが、、前作(なち編、彩羽編を含む)をプレイしていた方が楽しめるため、プレイを推奨しておきたい。


総合評価
ロープラ独自の短さはあるものの、それゆえに主題がはっきりしており纏まった印象を受ける作品。ただ、萌えゲーなのでこの評価にはなっている。


【ぶっちゃけコーナー】
猫忍達と過ごすトタバタラブコメライフがこれでもかと詰まった内容だった。
本当に一つ一つの動作が可愛いんだよなぁ…それが癒しに繋がってるってのがプレイしていて幸せな事なんだと思う。
あまり他の作品ではここまでっていうのはないからなぁ…。
猫好きだからこそ、ってのもあるのかもしれないけど。
それに関連してキャラクターが猫の擬人化(亜人)なわけだが、その行動ですごく”猫っぽさ”を表現しているのが凄い。
『たま』と『ゆら』がすごく顕著だけど、じゃれ合ったりケンカしたり、すぐにご飯に寄ってきたり気分屋だったり…。
猫好きにとってはこういう一つ一つの行動が堪らなく可愛いんだよな…。そのあたり『律』や『マヤ』が加わった事で表現の幅が広がっている印象も受けましたね。
後に地上に関して、結構慣れてきたんだと思うけれど、だからこその春樹の突込みいいな。
ともすれば全員ボケがちなんだけど、主人公の冷静なツッコミは結構この作品で面白い部分の一つだと思う。
シナリオと言えば驚かされたのが、LOVE +PLUSでのマヤシナリオ。
いやまぁ、展開は割と王道だったのだけれど、マヤ√でまさか泣かされるとは…。
動物物は弱いんですよね…そういうわけで、やっぱり動物好きな人にはプレイすることで得られる恩恵がでかい作品なのかも。