1a0c7dea.jpg
タイトル : 宿星のガールフレンド2
ブランド : mirai


シナリオ : ★★★★☆ [4/5]
CG   : ★★★   [3/3]
音楽   : ★★★☆☆ [3/5]
お勧め度 : ★★★★☆ [4/5]
総合評価 : ★★★★☆ [4/5]

f6e8371e.png
キャラクター・シナリオ
3部作の「宿ガル」シリーズの2作目であり、ヒロイン『マーヤ・クリエンケ』が今作での攻略対象となっている
前作である『宿星のガールフレンド1』と世界観を同じにしているものの、作品の導入部分から大きく違った展開をとっており、今作では主人公の実家にマーヤが居候する形で物語が進展してゆく。

前作とは多くの設定を共通にしているので概ねの説明が簡略化されており、そのため物語の展開が非常に軽快になっている。前作からの魅力であったノリの良いギャグシーンと合わせて笑いながらもスイスイと読める内容になっているので、短いシナリオではあるものの中身が詰まっている。

また、前作と共通の『ヒロインと1mの距離で過ごす』というアピールポイントに関しては前作と比較するとシナリオにおいて活かされていると感じるシーンが少ないものの、それでも『マーヤと主人公の距離を近づける』という最大の目標に関しては一定の成果を上げていたと言えるだろう。

さて今作のヒロインであるマーヤについて。
前作では敵キャラかつ生真面目な彼女だけに、ギャグとイチャラブを中心に展開する今シリーズの中でどういうキャラクターになっていくのかに一抹の不安があった。
しかしながら、プレイをしてゆくうちに全ては杞憂だったと考えを改めた。

何事に対しても実直に向き合い、そして素直に感情を示す彼女は愛らしく、主人公との距離が近づいてゆくごとに見せる新しい顔はイチャラブの生活に『萌え』という形で新鮮さを与えていた。
そして前作では見えてこなかった彼女の『包容力』についても、中盤から後半のイチャラブシーンにおいてマーヤから向けられるその愛の深さに、ズブズブと深みに嵌っていく人も多かったはず。

今作も前作同様、日常シーンでのギャグやイチャラブシーンをメインにしつつ、魔法少女物のシナリオもある程度のクオリティで完成させている。
内容を深く考察するほどのストーリーではないものの、萌えゲー作品の一つとして高く評価したい作品となっている。


【推奨攻略順 : 無 】
選択肢はあるものの、物語は1本道。

CG
基本的に1同様に淡い塗りの絵。
量や質に関しても同様であり、特にHCG関係が多いのは特徴的。
立ち絵には瞬き機能付きで、戦闘シーンのエフェクト等も前作のものを引き継ぎつつ、新規の物もいくつか見られた。
マーヤの変身シーンももちろん用意されている。


音楽
Vo曲2曲(OP/ED)、BGMは14曲という構成。
BGMは前作のものもあるが詳細は不明(前作12曲だったので2曲追加?)。
Vo曲はどちらも新規、特にnayutaさんの歌うOPの「星と恋するコンチェルト」はマーヤ視点で描かれたようなアップテンポの恋曲となっている。


お勧め度
3部作の2作目。
もちろん前作からプレイしている事が最も望ましいのは言うまでもないが、1作目とは世界観こそ同じもののストーリーが全く違うため、この作品のみで楽しんだり2→1の順でプレイする事もできる。

笑いとイチャラブが非常に豊富な魔法少女物のラブコメ作品として、今作もライト層から玄人まで幅広く楽しめる作品となっている。


総合評価
終盤まで飽きることなくプレイでき、マーヤとの甘く楽しいイチャラブの日々を綴った今作は前作に劣らない魅力的があり、シナリオとしての完成度も比較的高い。


【ぶっちゃけコーナー】
テンポよし、ギャグよし、キャラよしの、イチャラブゲーは健在。
もちろん魔法少女物としてのシナリオも捨てたもんじゃないのだけれど、基本はヒロインであるマーヤを中心とした萌えゲーだと思う、とくにデレだしてからの中盤からはイチャラブしている時間の方が長かったくらいだからな。
そんな可愛いマーヤに癒されながらも、そこかしこに笑えるギャグが散りばめられてるから、最後まで楽しい気持ちでプレイできるのはこの作品の最大の魅力だとおもう。
シリーズものということで、この作品を単体でプレイする人はあまりいないはず…、そういう意味でも前作が気に入った人は今作も気にいるのではないかな。
作風が同じだけれどもシナリオは一新されてるからかなり新鮮な気持ちでプレイできるはず。
1本道にしたことで逆に完成度は高くなってる。
3も同じようにある程度を新規シナリオで作っていくみたいだから期待できるとおもう。